学部・大学院

社会産業心理コース

心理学的素養を備えた社会人としての即戦力をめざす。

2021munemoto.jpg

今日、多くの一般企業は、大学卒業者に「社会人基礎力」を備えた即戦力を求めています。
 
社会産業心理コースでは、心理学の立場からこうした要望に応えるための授業科目を配置し、組織心理学や対人心理学の素養を身につけた、円滑な業務や人間関係を営むことのできる人材の育成をめざしています。3年次の「社会産業実習」では、一般企業でも役立つさまざまなプレゼンテーションの技法に関わる実習を行います。
 

これまでの主な卒業論文テーマ
  • 化粧行動及びその動機に関連する心理的属性に関する研究
  • ネット炎上に対する態度と社会的比較欲求との関連
  • 博物館の利用者ニーズをふまえた広告に関する研究
  • 印象形成におけるネガティブ情報の効果に関する研究
  • 大学生のソーシャルゲームへの依存度を規定する要因
  • 購買行動における個人的規定性の範囲についての検討-モノを購入することは自分で決めているのかー
社会産業心理科目
  • 社会心理学
  • 組織行動論
  • 産業・組織心理学
  • 司法・犯罪心理学
  • 家族心理学
  • コミュニケーション論
  • 情報社会論
  • 社会調査法
  • 生涯学習概論
  • 産業組織心理学演習
  • 社会心理学演習
  • 社会調査統計
  • 社会産業実習
このページを共有: