学部・大学院

日本語日本文学コース

日本語日本文学コース

ことばや文学を通し日本文化を理解する。

nihongo_pickup2016.jpg

人間の考えや認識を支えているのは言葉であり、日本語によって紡がれた文学作品は日本人や日本文化の多様な有り様を内包しています。

日本語日本文学コースは、古代から現代までの文学作品の特色とその歴史的意義を考察する日本文学、日本語や方言を深く研究する日本語学、外国人に対する日本語の教え方等を学ぶ日本語教育などの分野で構成されています。日本の言語・文学の本質を理解することにより、日本という視点から世界を認識し、新しい文化を創造する力を養います。


これまでの主な卒業論文テーマ
  • 天宝時代の杜甫
  • 『源氏物語』夕顔巻の研究
  • 学習者の日本語習得に動機づけはどのような影響を与えるか-中国・マカオ大学生の場合-
  • 日本語と韓国語における断り表現の対照研究-日韓のドラマに現れた表現を中心に-
  • 太宰治論『人間失格』を中心に
  • 鹿児島の若者における関西方言の広がり
コース科目名
  • 日本語学の基礎I・II
  • 日本語の音声
  • 日本語の文法
  • 日本語の表現
  • 日本語と社会
  • 日本文学史I・II
  • 古代文学講読I・II
  • 中世文学講読I・II
  • 近世文学講読I・II
  • 近代文学講読I・II
  • 中国文学概説I・II
  • 中国文学講読(詩)I・II
  • 中国文学講読(散文)I・II
  • 古代文学特講
  • 中世文学特講
  • 近世文学特講
  • 近代文学特講I・II
  • 日本語教育の基礎I・II
  • 日本語教授法I・II
  • 対照言語学
  • 日本語教育実習
  • 書道(書写)
  • 書道史

履修体系図

このページを共有: