学部・大学院

社会産業心理コース

心理学的素養を備えた社会人としての即戦力をめざす。

社会産業神薗.png

今日、多くの一般企業は、大学卒業者に「社会人基礎力」を備えた即戦力を求めています。

社会産業心理コースでは、心理学の立場からこうした要望に応えるための授業科目を配置し、組織心理学や対人心理学の素養を身につけた、円滑な業務や人間関係を営むことのできる人材の育成をめざしています。3年次の「社会産業実習」では、一般企業でも役立つさまざまなプレゼンテーションの技法に関わる実習を行います。
 

これまでの主な卒業論文テーマ
  • チームワーク能力とチーム内における受容感・排斥感の関係性
  • 障害者スポーツの普友・啓発に関する研究
  • 大学生におけるファン心理と恋愛観の関係性
  • SNSにおける東日本大震災の情報拡散に関する研究
  • 似ている他者を友人とするのか
  • 大学生のサークル活動におけるストレスに関する研究
  • 怒り感情の表出方法と親密度の関係性
コース科目名
  • 社会学概論
  • 社会心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 産業組織心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 人格心理学
  • 家族心理学
  • コミュニケーション論
  • 情報社会論
  • 社会調査法
  • 生涯学習概論Ⅰ
  • 産業組織心理学演習
  • 社会心理学演習
  • 社会調査統計
  • 社会産業実習
このページを共有: