学部・大学院

精神保健福祉コース

精神保健福祉コース

国家資格「精神保健福祉」の取得をめざす。

PSW有松.png

精神障害者、発達障害者、知的障害者、認知症などの方々の市民生活をサポートするスペシャリストとなる国家資格である精神保健福祉士を養成するコースです。
 
サポートする際に求められる知識や能力を獲得するだけではなく、福祉制度や法律について理解し、心理学や社会学などの専門科目も学んでいきます。卒業年度に国家試験を受験し合格をめざします。
 
なお、本コースの受入人数は最大20名です。
 

4年間の流れ

PSW4年間の流れ.png

※スケジュールの流れは変更の可能性があります。
※本コースへの編入学・転入学はできません。
 
コース科目名
  • 地域福祉論Ⅰ・Ⅱ
  • 公的扶助論
  • 保健医療サービス
  • 障害者福祉論
  • 社会保障論Ⅰ・Ⅱ
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 精神保健福祉相談援助の基盤(基礎・専門)
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ~Ⅳ
  • 精神保健福祉に関する制度とサービスⅠ・Ⅱ
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 精神保健福祉援助演習(基礎・専門)
  • 精神保健福祉援助実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 精神保健福祉援助実習

国家資格 精神保健福祉士ってどんな仕事?

精神保健福祉士の活躍の場

精神保健福祉士とは

国家資格で1997年(H9)に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーです。

精神保健福祉士の職務内容

精神科病院そのほかの医療施設において精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練そのほかの援助をする
(厚生労働省ホームページより)


鹿児島の医療および行政機関等で活躍する

  • 鹿児島県職員(専門採用枠:県立病院における相談業務)
  • 県内公立私立精神科病院
  • 鹿児島県内保健所
  • 鹿児島県庁(福祉課等)
  • 鹿児島県市町村行政機関(福祉課等)
  • 鹿児島県精神保健福祉センター
  • 鹿児島県社会福祉協議会
  • 鹿児島県内市町村社会福祉協議会

国家公務員として活躍する

  • 法務省鹿児島保護観察所(保護観察所における社会復帰調整官や精神保健参与員)

「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った精神障害者の医療及び観察に関する法律」(2003年制定)による新しいシステムに基づく役割。その期待される機能から精神保健福祉士が活躍。また、本法に基づく指定医療機関では、専従の精神保健福祉士がチーム医療の一員として社会復帰プログラムなどの業務を担当。

学校教育の場で活躍する

  • スクールソーシャルワーカー(小学校・中学校・高等学校)
  • キャンパスソーシャルワーカー(大学)
このページを共有: