学部・大学院

精神保健福祉コース

国家資格「精神保健福祉士」に必要な実践力を身につける。

PSW有松.png

精神障害者、発達障害者、知的障害者、認知症などの方々の生活をサポートする精神保健福祉士(国家資格)を養成するコースです。
 
サポートする際に求められる知識や能力を獲得するだけではなく、法律や福祉制度についても幅広く理解します。4年次に国家試験を受験し合格をめざします。なお、本コースの定員は20名です。 ※本コースへの編入学・転入学はできません。

    
これまでの卒業論文テーマ
  • 車いす利用学生の修学環境の現状と課題 ―A大学内における学内移動に注目した考察―
  • 鹿児島県における精神障害者の就労継続に関する研究 ―職場定着率向上に向けての考察―
精神保健福祉科目
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 刑事司法と福祉
  • 社会福祉調査の基礎
  • ソーシャルワークの基盤と専門職
  • 精神保健福祉の原理
  • ソーシャルワークの理論と方法
  • ソーシャルワークの理論と方法(専門)
  • 精神障害リハビリテーション論
  • 精神保健福祉制度論
  • ソーシャルワーク演習
  • ソーシャルワーク演習(専門)
  • ソーシャルワーク実習指導
  • ソーシャルワーク実習
このページを共有: