学部・大学院

心理臨床学科

こころの科学を通して人間を理解し、こころのケアを学ぶ。

こころの科学を通して人間を理解し、こころのケアを学ぶ。

人間関係学部心理臨床学科は、心理学・健康科学の専門的な知識と実践的な心理臨床的援助の基礎を学ぶことができる学科です。生物的・心理的・社会的存在としての人間を理解し、さらに将来、学んだ知識や技能を活かして医療や福祉、教育、産業の現場で活躍したいと考える人を対象としています。

本学科のカリキュラムは、体系的な知識や理論的背景を学ぶ講義とともに、実験や実習、演習形式の参加型学習を重視しています。また、本学科には4つのコース(心理臨床実践コース、社会産業心理コース、学校教育心理コース、精神保健福祉コース)を設けています。3年次にいずれかのコースに所属しそれぞれの専門的知識や技能について学びます

注目科目
臨床心理学概論[学科基礎科目]

臨床心理学の基礎理論について学びます。特に、行動療法、認知行動療法、家族療法、遊戯療法など、心理療法の基本的な知識や技法を学びます。また、精神病理的症状や発達障害の概要も学びます。

対人援助基礎演習[特別講座]

身体や知的に障害がある人や精神に障害がある人へのサポートについて学びます。また、救急救命法や災害時支援について学び、車椅子体験や福祉施設への見学にも行くことで、対人援助の基礎を学びます。

取得できる資格

  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 学芸員
  • 司書
  • 日本語教員養成副専攻修了証
  • 日本心理学会認定心理士
  • 福祉心理士
  • 養護教諭一種免許状
  • 児童指導員

目標とする資格

  • 公認心理師(国家資格)
  • 精神保健福祉士(国家資格)
  • 産業カウンセラー
  • 心理学検定試験
  • 日本語教育能力検定試験
  • 秘書技能検定試験

心理臨床実践コース

医療・福祉分野で活躍する国家資格「公認心理師」を養成する。

社会産業心理コース

心理学的素養を備えた社会人としての即戦力を目指す。

学校教育心理コース

教育問題に対応できる実践力を身につける。


精神保健福祉コース

国家資格「精神保健福祉士」に必要な実践力を身につける。

このページを共有: