学部・大学院

目的・三つのポリシー

目的

人間関係学部の目的

 人間関係学部は、人間について心の側面と文化・社会の側面から実践的・臨床的に教授研究し、現代社会の要請にこたえることを目的とする。

心理臨床学科の目的

 心理臨床学科は、心理学の基礎的・専門的知識と実践的な技法を教授し、社会の様々な分野で幅広く活躍できる人間の育成を目的とする。

人間文化学科の目的

 人間文化学科は、言語や文化について基礎的・専門的知識及び技能を教授し、社会の様々な分野で幅広く活躍できる人間の育成を目的とする。
 
 

三つのポリシー

人間関係学部のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 人間関係学部は、人間のこころと身体、人類の文化・社会について学問的に追究することにより、時代に即応した堅実にして有為な人間を育成することを目的とし、志學館大学のディプロマ・ポリシー及び以下に掲げる、知識・技能・資質を修得した者に学士の学位を授与します。

1 心理学・健康科学、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理のいずれかの分野の専門的知識と技能及び総合的な問題発見・課題解決能力を修得している。

2 人類の文化、社会に関する専門的知識を身につけ、倫理観を持った市民として、地域社会の発展のために自主的・創造的に貢献する能力と意識を持っている。

3 多様な言語・社会・文化を理解すると共に、コミュニケーション能力を身につけ、国際人として活躍する素地を持っている。

 

心理臨床学科のディプロマ・ポリシー

 心理臨床学科は、志學館大学及び人間関係学部のディプロマ・ポリシー並びに以下に掲げる知識・技能・資質を学士の学位(心理学)にふさわしいものとします。

1 心理学及び健康科学に関する実践的かつ体系的な専門的知識と技能を修得している。

2 修得した専門的知識と技能を卒業論文に結実させることができる総合的な問題発見・課題解決能力及び表現力を修得している。

3 修得した専門的知識と技能を生かして、地域社会の発展のために自主的・創造的に貢献する能力と意識を持っている。

 

人間文化学科のディプロマ・ポリシー

 人間文化学科は、志學館大学及び人間関係学部のディプロマ・ポリシー並びに以下に掲げる知識・技能・資質を学士の学位(文学)にふさわしいものとします。

1 日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理のいずれかの分野の実践的かつ体系的な専門的知識と技能を修得している。

2 修得した専門的知識と技能を卒業論文に結実させることができる総合的な問題発見・課題解決能力及び表現力を修得している。

3 多様な地域の文化・歴史・自然に関する専門的知識を身につけ、地域社会の発展のために自主的・創造的に貢献する能力と意識を持っている。

4 多様な言語・社会・文化を理解すると共に、コミュニケーション能力を身につけ、国際人として活躍する能力と意識を持っている。

 

人間関係学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

 人間関係学部は、志學館大学のカリキュラム・ポリシーに基づき、学部の専門教育を以下のように編成する。

1 学部基礎科目には、倫理観を持った市民として地域社会の発展に貢献する資質・能力を修得するための科目を配置する。

2 学科基礎科目には、心理学、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各分野の概要を理解するための科目を配置する。

3 学科共通科目には、心理学・健康科学、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各分野の基礎的知識と技能を修得するための科目を配置する。

4 学科専門科目には、心理学・健康科学、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各分野の実践的かつ体系的な専門的知識と技能を修得するための科目を配置する。

5 卒業科目には、総合的な問題発見・課題解決能力を修得し、卒業論文へと結実させるための科目を配置する。

 

心理臨床学科のカリキュラム・ポリシー

 心理臨床学科は、志學館大学及び人間関係学部のカリキュラム・ポリシーに基づき、学科の専門教育を以下のように編成する。

1 学科基礎科目には、心理学の概要を理解し、心理臨床学に関する基礎的知識と技能を得るための科目を配置する。

2 学科共通科目には、心理学及び健康科学の基礎的知識と技能を修得するための科目を配置する。

3 学科専門科目には、保健医療、福祉、教育、産業の各領域に関わる心理学及び健康科学の専門的知識と技能を修得するための科目を配置する。

 

人間文化学科のカリキュラム・ポリシー

 人間文化学科は、志學館大学及び人間関係学部のカリキュラム・ポリシーに基づき、学科の専門教育を以下のように編成する。

1 学科基礎科目には、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各分野の概要を理解するための科目を配置する。

2 学科共通科目には、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各分野の基礎的知識と技能を修得するための科目、多様な言語・社会・文化を理解しコミュニケーション能力を身につけるための科目を配置する。

3 学科専門科目(コース科目)には、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各分野の実践的かつ体系的な専門的知識と技能を修得するための科目を配置する。

 

心理臨床学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

 心理臨床学科は、心理学及び健康科学の知識と実践的な心理臨床的援助の基礎を学ぶことを通じて、生物的・社会的存在としての人間を理解し、将来、保健医療、福祉、教育、産業等の現場で使命感を持って働くことができる人材の育成を目指しています。

 本学科は、志學館大学のアドミッション・ポリシーに基づき、人間のこころと身体及び行動に対する探究心があり、同時に現実の社会問題に関心を持つことができる人、加えて国家資格公認心理師、精神保健福祉士等の資格取得を志す人を求めます。

【本学科志願者には高等学校等での学びで次のような能力を身に付けている人を求めます。】

1 国語科科目の学習を通じて、読解力・文章力・コミュニケーション能力を身につけている人

2 英語科科目の学習を通じて、英語の基礎的な能力を身につけている人

3 数学科科目の学習を通じて、数学の基礎的な能力を身につけている人

 

人間文化学科のアドミッション・ポリシー

 人間文化学科は、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各分野の専門的知識と技能を身につけ、将来、地域社会や国際社会で使命感を持って働くことができる人材の育成を目指しています。

 本学科は、志學館大学のアドミッション・ポリシーに基づき、言語・文化・歴史・社会・自然に対する探究心があり、グローバルな社会に対応できる豊かなコミュニケーション能力を身に付けたい人、また、地域の現状や社会の問題に関心を持ち、それらを多面的に考える力と幅広い教養を身につけたい人を求めます。

【本学科志願者には高等学校等での学びで次のような能力を身に付けている人を求めます。】

1 国語科科目の学習を通じて、読解力・文章力・コミュニケーション能力を身につけている人

2 英語科科目の学習を通じて、英語の基礎的な読解力・表現力・コミュニケーション能力を身につけている人

3 地理歴史・公民科科目の学習を通じて、自国や他国の地理・歴史及び政治・経済・社会の仕組みに関する基本的な知識を身につけている人

 

このページを共有: