学部・大学院

人間関係学部

humanities_dean.jpg
 人間について、その生物学的側面を論じたり、他の動物との比較をしたりするとき片仮名でヒトと表記します。また、学名ではホモ・サピエンス(Homo sapiens)と言います。生物の体系的分類を試みた18世紀の生物学者リンネによってこの名が人間の学名とされました。これは「叡智(えいち)のある」という意味のラテン語に由来しています。人間は古来よりその叡智によって特徴づけられてきたのです。

 人間関係学部はこの人間の叡智について探求する学部です。人間関係学部には「心理臨床学科」と「人間文化学科」の2つの学科があります。「心理臨床学科」では、人間の叡智の源となる心について科学的に理解すると同時に、臨床心理学、健康科学の知見から時に疲れ悩む心のケアのあり方について学びます。「人間文化学科」では、まさに人間の叡智の賜(たまもの)である国内外の言語や文化、歴史などについて総合的に学び、広い視野と国際性を身につけることを目指します。

 人間関係学部で身につけた豊かな教養や確かな専門知識は、変化の大きい時代にあって必ずみなさんの大きな武器になります。これまでも多くの学生が人間関係学部を巣立っていきました。皆さんもここで学び、未来を築いていきませんか。  

人間関係学部長
教授 木下 昌也

このページを共有: