社会連携センター

活動報告(1)【JTB連携】中大連携キャリア教育プログラム B&S(Brother&Sister)

志學館大学は、平成29年度に株式会社JTB鹿児島支店と連携協定を締結して以来、様々な事業を協力して実施しています。

令和元年度は、まず、前年度に引き続き佐賀県小城市立三日月中学校を迎え、産学・中大連携のキャリア教育プログラムを改善して4月に実施しました。同プログラムは、全学共通科目「キャリア開発演習」で修学旅行生に鹿児島市内を案内するコース案の策定を行い、JTB社員による監修と実地踏査を実施したうえで改良する、コーオプ教育の一環で開発されたものです。

実際に教育旅行で来鹿した中学生が本学キャンパスを訪れ、キャリアデザインに関するミニ講義と学生によるキャンパスライフ紹介の後、授業や施設、サークル見学を行いました。その後、市内中央部観光として中学生6名のグループに学生1名がアテンドし、鹿児島維新ふるさと館、天文館、城山展望台、桜島、かごしま水族館など、中学生の希望に合わせて回りました。

また、6月には大阪府大阪市立大正東中学校、10月には佐賀県武雄市立武雄中学校と新たに連携し、自由行動に学生が同行しました。互いが方言なども披露して交流しながら鹿児島の魅力に触れることができ、別れ際は名残惜しく手を振り合い、生涯の思い出になったようです。

中学校の教育旅行の中に、離れた地域、異なる文化、異年齢の他者や大学生・研究者との接触が同時に組み込まれていることから、キャリア教育の観点からみても全国でも珍しい取組といえます。

なお、平成30年12月には、全国のJTB社員の方々が研修で来学し、教育旅行や観光についての研修、学生との意見交換会も実現しました。

jtb1.jpg jtb2.jpg jtb3.JPG

jtb4.jpg jtb5.jpg jtb7.jpg

jtb6.jpg  jtb9.jpg jtb8.jpg

このページを共有: