社会連携センター

社会連携センター

社会連携センターについて

志學館大学社会連携センターは、地方公共団体、産業界、企業及び地域住民との協働による学生及び教職員の社会参画を推進することで本学が地域社会に貢献するとともに、学生の社会性やコミュニケーション力の増進を図ることを目的として、本学が実施する社会連携全般に係る企画・推進にあたる全学横断組織として、平成29年に設立されました。

センターには、次に掲げる部門が置かれています。それぞれ、これまでの個別センターとしての実績を継承しつつ、上記の目的に従って、活動をさらに発展させつつあります。

      (1) 産官学コミュニティ連携部門(旧地域協働センター)
      (2) 生涯学習部門(旧生涯学習センター)
      (3) 大学間連携部門(旧地域コンソシアム、COC+事業組織)

このページを共有: