学部・大学院

法律学科

法学部 法律学科

リーガルマインド(主体的に法を活用する力)を身につける。

法学部法律学科は、基礎から全般的に法律を学べる学科です。法律学は、高校で学ぶ機会が少ないので、入学者の誰もが初学者といえます。全員が同じスタートラインに立ち、法の基本的な考え方を基礎から丁寧に学ぶことができ、法律学に特有の思考法(リーガルマインド)を確実に身につけることができます。本学科では、各年次における少人数教育を徹底しており、これを活かしたきめ細やかな指導や双方向型の授業を通して、

内容の充実した学習が可能です。また、学年が進行するに従い、自己の関心や興味に沿った学習が可能なので、無理なく専門的な知識を深めていくこともできます。さらに、資格センターを活用すれば、さらに高度な専門知識も身につけられ、法律関係の資格取得や公務員試験の突破、法科大学院(ロースクール)への進学も目指せます。

注目科目
債権法総論Ⅰ・Ⅱ

民法には、物権という概念と債権という概念があります。物権は所有権など物を直接支配する権利、債権は人に一定の行為を要求できる権利です。この講義では物権と債権の違いを理解し、債権の種類や効力などを基礎から学んでいきます。

憲法Ⅰ・Ⅱ

「憲法Ⅰ」では、西洋で発展してきた立憲主義や法の支配など、憲法の《土台》となる考え方を知り、憲法とは何かという根本的な問題についての理解を深めます。「憲法Ⅱ」では、日本国憲法に関する最高裁判所の重要な判例などの具体的な事例を通じて、憲法や法律がどのように使われているかを学びます。

取得できる資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 学芸員
  • 司書教諭
  • 司書
  • 日本語教員養成副専攻修了証

目標とする資格

  • 法学検定試験
  • ビジネス実務法務検定試験
  • ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 証券外務員
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士
  • ビジネスキャリア検定試験
  • 秘書技能検定試験
このページを共有: