学部・大学院

法学部

志學館大学で法学を学んでみませんか

法学部の目的

社会においては、家族関係から国際関係まであらゆる分野に法が存在しており、それらの法を正しく理解し、遵守し、そして創ることのできる人材が求められています。志學館大学法学部は、法学および政治学・経営学等の専門的知識・技能を教授し、社会のさまざまな分野で活躍することができるリーガルマインド(法的思考力)とコンプライアンス(法令遵守)意識を身に付けた法律専門職、公務員、高度職業人を育成しています。卒業生の進路として公務員と金融機関が多いことが法学部の特徴となっています。

カリキュラムの特徴

法学部では、法学に関する専門教育科目として、1年次に、「法学入門」をはじめとする専門基礎科目群を配置することにより、法学全体の概要を把握することができるようにしています。このことは、その後の法学学習に極めて重要です。また、他の法学分野を学ぶための根幹となる民法については、ほぼすべての授業科目を1年次から2年次において集中的に学ぶことができます。そして、志學館大学法学部の特徴として、特筆すべきは、憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の六法について多くの専門教育科目を配置していることです。これにより、法学の基本となる六法をしっかりと身に付けることができるのです。

法律を解釈・適用する際には、「権利濫用」「公序良俗」「合理性」といった規範的要件につき価値判断を行うことが必要な場合があり、このような価値判断に際しては、単に法律に関する知識だけでは十分ではなく、人文科学を含む広くて深い学識が必要となります。法学部では、このような豊かな学識を養うことができるように、法哲学、法思想史、法制史、法社会学等の基礎法学ならびに政治学、経営学、経済学等の科目も開設しています。これらの科目についてもぜひ履修するようお勧めします。

進路や興味・関心に合わせて選べる2学科

法学部では、六法を中心とする法を専門的に学ぶ「法律学科」と、経済活動において必要な法である憲法、民法、商法、民事訴訟法を中心に、法の理解・創造にも役立ち、かつそれ自体興味深い学問分野でもある経営学・経済学等もあわせて学ぶことができる「法ビジネス学科」を設けています。法ビジネス学科では、六法を中心として履修することも、あるいは経営・経済系科目を中心として履修することもできるなど学生の希望に沿った履修計画を立てることを可能とする柔軟なカリキュラムを採用しています。

志學館大学法学部で、法学および政治学・経営学等を学び、社会に貢献し、自分の人生を歩んでいくための基盤を築いてみませんか。みなさんの将来の進路や興味・関心に合わせて学科を選択し、志學館大学法学部で有意義な学生生活を過ごしてください。

法学部長
教授 畑井 清隆

法律学科

法の面白さを知り、法的思考力を確実に身に付ける。

法ビジネス学科

法を学び、社会を識る。社会の構造的な変化に対応する実践的な法学教育。

教員一覧

法学部の教員をご紹介します。


このページを共有: