学部・大学院

交換留学制度

学生交流協定によって、相手大学から留学生を本学に受け入れるとともに、本学からも学生を派遣します。対象となるのは、澳門大学、新羅大学校、文藻外語学院の3大学です。

  • 留学先での一年間の学費と宿舎代が全額免除されます。
  • 志學館大学を休学することなく留学できるので、努力次第では4年間での卒業が可能です。
  • 留学先での修得単位は、所属学科のカリキュラムと照らし合わせて、本学における卒業単位として認定されます。

 

この交流協定により派遣・受入を経験した学生は、帰国前及び帰国後に報告会を開いています。帰国前報告会の後には修了証授与式と懇親会を開き教職員との交流を深めています。

報告会での内容は留学体験記(www.shigakukan.ac.jp/faculty/international/report.html)にまとめられています。

 

 

 

 

インターン制度

 

日本語を学んで日本の技術や文化を知りたいという外国人が増え続けています。そのような人たちの日本語学習を支援する教師の養成を目的に、本学では昭和63年度に日本語教員養成副専攻が開設されました。日本語教師に求められる、日本語を客観的に見る力、効果的に教えるための知識や技術などの習得をめざします。日本語インターンを経験した学生は、日本、韓国、ベトナムなどの日本語教育機関で活躍しています。

 

 


 

留学生サポート体制も充実!異国間交流でお互いの認識度をUP!

留学生チューター制度

外国人留学生が入学した際には1年間、本学学生がチューターとしてサポートします。授業の履修方法や授業の内容に限らず、日々の生活についてもサポートしていますので、スムーズに学生生活に入ることができています。

  

 

 


学内留学生イベント

志學館大学では、学部留学生と交流協定に基づき受け入れている交換留学生が、日本人学生と交流を深めるためにさまざまなイベントを企画しています。交換留学生が来日した際には歓迎会を開き、帰国前に開かれる報告会の後には懇親会を開いて交流を深めています。また、夏には本学国際交流サークルのジョニックと共に、キャンプに行きバーベキューをしたり観光地を巡ったりしています。これ以外にも、留学生には県内外で開かれている国際交流イベントへの参加を促し、その費用の補助など多方面でのサポートをしています。