" /> ">

研究者一覧

野上 真

氏名

野上 真 / ノガミ マコト
所属 人間関係学部
職名 教授
生年 1972年
就任年月 2010年4月
学歴
(大学卒以降)
1995年3月 岡山大学教育学部中学校教員養成課程社会専攻卒業
2006年9月 九州大学大学院人間環境学府行動システム専攻博士後期課程修了
学位 博士(心理学)
職歴
(研究歴)

2003年4月 九州大学大学院人間環境学府ティーチング・アシスタント(~2006年9月)
2005年4月 福岡県立大学非常勤講師(~2010年3月)
2006年10月  九州大学大学院人間環境学研究院学術協力研究員(〜2010年3月)
2007年4月 福岡教育大学非常勤講師(~2009年9月)
2007年9月 九州女子大学非常勤講師(~2010年3月)
2010年4月 志學館大学人間関係学部講師
2016年4月 志學館大学人間関係学部准教授
2021年4月 志學館大学人間関係学部教授

授業科目

産業・組織心理学、組織行動論、こころの世界、卒業研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、社会産業実習(分担)、産業組織心理学演習、学問へのステップⅠ・Ⅱ、心理学実験Ⅰ・Ⅱ(分担)、ボランティア企画実習、心理統計法特論、社会・産業組織心理学特論(分担)

所属学会 産業・組織心理学会、日本社会心理学会、日本グループ・ダイナミックス学会、日本スポーツ社会学会、日本キャリアデザイン学会、九州心理学会、大学教育学会
社会連携
活動
 
専門分野

社会心理学

産業組織心理学
研究
テーマ
モチベーション論
研究業績 (著書)

『キャリアデザイン支援ハンドブック』(分担執筆・「メンタリング」の頁を担当)日本キャリアデザイン学会編,ナカニシヤ出版,2014年
『産業・組織心理学ハンドブック』(分担執筆・「パワーとポリティクス」の項を担当)産業・組織心理学会編,丸善,2009年

『よくわかる産業・組織心理学』(分担執筆)ミネルヴァ書房,2007年

研究業績 (論文)

「新型コロナウイルス感染拡大下における大学生の外出行動削減率に関する研究」志學館大学人間関係学部研究紀要第42巻,2021年

「大学生の養護性および共同的養護規範意識とボランティア活動への関心・着手意欲の関係」志學館大学人間関係学部研究紀要第41巻,2020年

「わが国の大学における地域連携の動向と展望」志學館大学人間関係学部研究紀要第40巻,2019年

「大学生のゼミ選択動機と大学生活に関わる目標志向性の関係」志學館大学人間関係学部研究紀要第39巻,2018年
研究業績 (その他)  
特記事項 「知識や経験は覚えていてこそ将来に活きる」を信条に授業を行っています。私の授業でグループワークやディスカッション、アンケート調査や広告の作成、学外での販売実習をしたりするのはそのためです。

 

このページを共有: