" /> ">

研究者一覧

大島 英世

氏名 大島 英世 / オオシマ エイセイ
所属 人間関係学部
職名 教授
生年 1970年
就任年月 2012年4月
学歴
(大学卒以降)
1993年3月 鹿児島女子大学(現志學館大学)文学部卒業
2002年3月 兵庫教育大学大学院学校教育研究科学校教育専攻教育臨床コース修了
2009年3月 吉備国際大学大学院臨床心理学研究科臨床心理学専攻博士(後期)課程修了
学位 博士(臨床心理学)
職歴
(研究歴)
1994年4月 医療法人和光会見立病院心理士(常勤)
1998年4月 熊本県福祉総合相談所,熊本市保健センター心理士(非常勤)
1999年4月 医療法人横田会向陽台病院心理士(常勤)
2002年4月 たなか医院臨床心理士(常勤)
2006年4月 大分市中央子ども家庭支援センター臨床心理士(常勤)
2012年4月 志學館大学人間関係学部講師
2012年4月 志學館大学大学院講師
2017年4月 志學館大学人間関係学部准教授
2017年4月 志學館大学大学院准教授
2020年4月 志學館大学人間関係学部教授
2020年4月 志學館大学大学院教授
授業科目 【学部科目】
精神保健I,医療心理臨床学,医療心理臨床学演習,医療臨床実習,心理検査法I・II,特殊研究I・II・III

【大学院科目】
臨床心理面接特論I,臨床心理基礎実習,臨床心理実習I ,臨床心理実習II
所属学会 日本心理臨床学会,日本教育心理学会,日本臨床動作学会,日本リハビリテイション心理学会,日本催眠医学心理学会
社会連携
活動
 
専門分野 (1)臨床心理学
(2)臨床動作法
研究
テーマ
(1)臨床動作法を用いた心理援助
(2)動作体験過程と心理的変容
(3)親支援のための臨床動作法
研究業績 (著書) 『目で見る動作法』(共著)金剛出版,2013年
『動作のこころ 臨床ケースに学ぶ』(共著)誠信書房,2007年
研究業績 (論文) 「不眠傾向のある大学生への臨床動作法の試み」(共著)志學館大学心理臨床研究紀要第6号,2017年
「発達障害児集団療育の親の会での支援のあり方について(2)―グループでの話し合いと臨床動作法を用いた一事例―」(共著)志學館大学心理臨床研究紀要第5号,2016年
「発達障害児集団療育の親の会での支援のあり方について―グループでの話し合いと臨床動作法を用いた一事例―」(共著)志學館大学心理臨床研究紀要第4号,2015年
「閉所・暗所恐怖症の児童への自体軸づくりによる動作療法の適用」臨床動作学研究第13号,2009年
「虐待をする母親への身体軸をタテ真っ直ぐに立てる動作療法の研究」吉備国際大学臨床心理相談研究紀要第5号,2008年
「フラッシュバックを主症候とするレイプ被害女性への動作療法」吉備国際大学臨床心理相談研究紀要第4号,2007年
研究業績 (その他)  
特記事項 心理療法の技法の一つであるからだを動かして心の安定を図る臨床動作法を体験してみようと思います。臨床動作法では、からだに力を入れたり、弛めたり、動かしたりしながら、自分の動作のやり方をゆっくり感じながら動かす動作へと調整・変化させていきますが、動作をしながら気分がスッキリしたり、落ち着いたりするこころの変化についても体験し、こころとからだのつながりと不思議について考えてみましょう。

 

このページを共有: