" /> ">

研究者一覧

高根 広大

氏名 高根 広大
所属 人間関係学部
職名 講師
生年 1981年
就任年月 2020年4月
学歴
(大学卒以降)

2005年3月 学習院大学文学部英米文学科 卒業
2009年3月 学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程イギリス文学専攻 修了
2013年10月 Shakespeare Institute, University of Birmingham, U.K.
(MA: Shakespeare, Stratford upon Avon and the Cultural History of Renaissance England) 修了
2016年3月 学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程英語英米文学専攻 単位取得満期退学

学位

2019年10月 博士(英語英米文学)(学習院大学)
2013年12月 MA: Shakespeare, Stratford upon Avon and the Cultural History of Renaissance England
(Shakespeare Institute, University of Birmingham)
2010年 3月 修士(イギリス文学)(学習院大学)

職歴
(研究歴)

2016年4月 法政大学兼任講師
2017年4月 学習院大学非常勤講師
2017年4月 東洋大学非常勤講師
2018年9月 お茶の水女子大学非常勤講師
2019年4月 学習院大学文学部英語英米文化学科助教
2020年4月 志學館大学人間関係学部人間文化学科講師

授業科目

【学部科目】
外国語入門I・II(英語), 英語C(ビジネス英語Ⅰ), 卒業研究Ⅰ・II(人文),学問へのステップI・II, 英語文学概論Ⅰ・II, 英国の文化Ⅰ・II[英語圏の文化Ⅰ・II], 英語A(TOEICⅠ), 英語Ⅱ(法B), 英語Ⅱ(人関D), 卒業論文

所属学会

日本シェイクスピア協会、日本英文学会、日本英米文化学会、17世紀英文学会

社会連携
活動

 

専門分野

英語文学、英語圏文化

研究
テーマ

英国ルネサンス文学、英国ルネサンス文化

研究業績 (著書)

 

研究業績 (論文)

「ヴァイオラ / シザーリオが示す異性愛と主従愛」Shakespeare Journal. Vol. 6 2020年3月
「『ペリクリーズ』における癒しのレトリック」『学習院大学英文学会誌』2016年号、2017年3月
「『冬物語』における宮廷人のレトリック」Shakespeare Journal. Vol. 2 2016年3月
「タイモンと天上の音楽」『学習院大学英文学会誌』2015年号、2016年3月
「『ヴェローナの二紳士』における友情」『学習院大学人文科学論集』24、2015年10月
「『トロイラスとクレシダ』における悲劇的世界構築」『学習院大学英文学会誌』2010年号、2011年3月

研究業績 (その他)

 

特記事項

現代には様々な地域で、様々な時代から受け継がれてきた文化や文学作品が無数にあります。今、私たちの目の前で生み出されているものも、そうです。授業では、魅力ある文化や文学作品をたくさん紹介します。どんなものでもいい、少しでも興味のあるものが見つかれば、手に取って触れてみましょう。きっと他者を理解し、自己を探ることができるはずです。

 

 

このページを共有: