" /> ">

研究者一覧

茶谷 誠一

氏名 茶谷 誠一
所属 人間関係学部
職名 准教授
生年 1971年 
就任年月 2018年4月
学歴
(大学卒以降)

1995年3月 明治大学文学部史学地理学科卒業
1997年3月 明治大学大学院文学研究科博士前期課程修了
2006年9月 立教大学大学院文学研究科博士後期課程修了

学位 博士(文学)
職歴
(研究歴)

2000年4月 私立立教池袋中学校・高等学校社会科非常勤講師(~2007年3月)
2006年4月 明治大学文学部兼任講師(~2015年3月、2016年4月~2018年9月)
2007年4月 立教大学立教学院史資料センター学術調査員(~2009年3月)
2007年4月 立教大学文学部、観光学部兼任講師(~2008年3月、2009年4月~2018年9月)
2007年4月 都留文科大学非常勤講師(~2010年3月、2016年4月~2019年3月)
2009年4月 成蹊大学文学部助教(~2014年3月)
2009年9月 明治大学商学部兼任講師(~2011年3月)
2010年4月 立教大学大学院文学研究科兼任講師(~2010年9月)
2014年4月 立教学院展示館事務員(~2018年8月)
2014年4月 成蹊大学文学部非常勤講師(~2018年9月)
2015年4月 淑徳大学人文学部非常勤講師(~2018年9月)
2017年4月 立教大学経済学部兼任講師(~2018年9月)
2018年9月 志學館大学人間関係学部准教授
2019年4月 放送大学鹿児島学習センター客員准教授

授業科目

【学部科目】
学問へのステップⅠ・Ⅱ,社会史Ⅰ・Ⅱ,歴史地理入門(分担),歴史学特講Ⅰ,歴史学演習Ⅵ,日本の歴史,卒業研究Ⅰ・Ⅱ,卒業論文

【大学院科目】

所属学会 日本史研究会、歴史学研究会、日本政治学会、日本歴史学会
社会連携
活動

歴史学会理事(2011年1月~2015年12月)
奈良県「日本と東アジアの未来を考える委員会」委員(2012年4月~2015年3月)

専門分野 ①日本近現代史
研究
テーマ

①近代天皇制の構造分析
②近現代の政治外交史
③象徴天皇制の分析

研究業績 (著書)

『象徴天皇制の成立』NHK出版,2017年
『「昭和天皇実録」講義』(編著)吉川弘文館,2015年
『牧野伸顕』吉川弘文館,2013年 
『宮中からみる日本近代史』ちくま新書,2012年
『昭和天皇側近たちの戦争』吉川弘文館,2010年
『昭和戦前期の宮中勢力と政治』吉川弘文館,2009年

研究業績 (論文)

「政治史における『宮中』」『歴史評論』第817号,2018年
「『側近日誌』(木下道雄)と『寺崎英成・御用掛日記』」黒沢文貴・季武嘉也編著『日記で読む近現代日本政治史』ミネルヴァ書房,2017年,第13章
「新史料発見 御用掛・寺崎英成一九四九年日記」『中央公論』2015年9月号,2015年
「宮中勢力による社会経済問題への対応」粟屋憲太郎編『近現代日本の戦争と平和』現代史料出版,2011年,第2章

研究業績 (その他)

『関屋貞三郎日記』第1巻(編集)国書刊行会,2018年
「幼少期から青年期の昭和天皇」『別冊宝島 昭和天皇秘録』宝島社,2017年
『金原節三陸軍省業務日誌摘録』前編(編集),現代史料出版,2016年
「『昭和天皇実録』で明らかになった昭和天皇と太平洋戦争の真実」『歴史人』2015年1月号,KKベストセラーズ,2014年
『遠山郁三日誌 1940-1943 戦時下ミッション・スクールの肖像』(編集)山川出版社,2013年
「大正後期・昭和初期の日本社会と宮中」『明治聖徳記念学会紀要』復刊第51号、2014年
『日中戦争 対中国情報戦資料』全10巻別冊1(編集)現代史料出版,2000年

特記事項

イギリスの歴史家E.H.カーは『歴史とは何か』のなかで、「歴史とは現在と過去との対話である」という有名な一節を記しています。カーがいうように、歴史とは年号や人物、事件を覚えるだけの暗記科目ではなく、過去に起きた事象の背景や原因を分析することで、現代や将来の生活に活かす教訓を導きだす学問です。私もこの点を重視しながら授業をすすめていきます。

 

このページを共有: