" /> ">

研究者一覧

Marcus Theobald

氏名 Marcus Theobald (マーカス シオボールド)
所属 人間関係学部
職名 講師
生年 1967年
就任年月 2007年9月
学歴
(大学卒以降)
1995年7月 Huddersfield University(B.E.d)
2007年8月 University of Technology, Sydney(M.A.)(English Language Teaching)
学位 M.E.L.T
職歴
(研究歴)
2001年~2004年 鹿児島県立高等学校 ALT
2005年~2006年 公立小学校(鹿児島県) ALT
2006年9月~2007年9月 志學館大学非常勤講師
2007年9月~ 志學館大学人間関係学部講師
2009年9月~ 鹿児島女子短期大学非常勤講師
2011年4月~ 鹿児島大学非常勤講師
授業科目 【学部科目】
英語I・II,児童英語,英語A,英語英米文化入門,スピーキング・スキルズI・II,人間文化論,パブリック・スピーキング・スキルズ,ライティング・スキルズI・II,リーディング・スキルズI・II

【大学院科目】
所属学会 JALT, Kagoshima and Kumamoto JALT President, 2013年~
社会連携
活動
 
専門分野 (1)English as a foreign language
(2)Linguistics
(3)Vocabulary
研究
テーマ
(1)English and Japanese culture
(2)Language acquisition
研究業績 (著書) 'Green eggs and Pan' Filmscript, 1999
'Swoon' A radio script, 1993
'Residing Influence' BBC Manchester, Contact Theatre, 1991
研究業績 (論文) 'A Critical Assessment of the New General Servive List (NGSL)' 志學館大学人間関係学部研究紀要第37巻第1号,2016年
'Isolating a possible figure for Japanese with English-dyslexia' 志學館大学人間関係学部研究紀要第36巻第1号,2015年
'Japanese University Student's Depth of Vocabulary Knowledge of four English Utterance Vers'志學館大学人間関係学部研究紀要第35巻,2014年
'Using katakana in the EFL classroom in japan'志學館大学人間関係学部研究紀要第34巻第1号,2013年
'English in the Japanese Public Domain'志學館大学人間関係学部研究紀要第33巻第1号,2012年
'New Developments in the English Lexicon'志學館大学人間関係学部研究紀要第32巻第1号,2011年
100 Sakurajima Haiku' 志學館大学人間関係学部研究紀要第31巻第1号,2010
研究業績 (その他)  
特記事項 中学生と高校生の英語の授業は文法ばかりですが、私の教育方法はおもしろく学ぶ英語です。英語を使っていろいろな活動は、インターネット、俳句、新聞、ビデオ、ゲームなどがあります。毎週のリスニングテストと学期中は復習のテストもあります。

 

このページを共有: