" /> ">

研究者一覧

入江 公啓

氏名 入江 公啓 / イリエ キミヒロ
所属 人間関係学部
職名 教授
生年 1965年 
就任年月 2008年4月
学歴
(大学卒以降)
1987年3月 鹿児島大学法文学部法学科 卒業
1998年9月 英国ケント大学カンタベリー校欧州文化言語学科大学院応用言語学(コンピュータ)修士課程 修了
学位 修士(文学)
職歴
(研究歴)
2002年4月 常葉学園大学 講師
2007年4月 常葉学園大学 准教授
2008年4月 志學館大学 准教授
2016年4月 志學館大学 教授
授業科目 英語科教育法I・II・III・IV,オーラル・インタープリテーション,リスニング・スキルズI,異文化理解演習,英語I,英語B(TOEIC II)ほか
所属学会 外国語教育メディア学会,大学英語教育学会九州沖縄支部(研究企画委員),コンピュータ利用教育協議会,鹿児島英語英文学会(運営委員)
社会連携
活動
国際文化交流会TEN(理事)
専門分野 (1)英語教育
(2)英語学
研究
テーマ
(1)ICTを利用した英語教育
(2)海外の英語教育制度
(3)コーパスを利用した言語学
研究業績 (著書)  
研究業績 (論文)

「コロナ禍における英語の発声を伴う活動のためのルールづくりと学生によるアンケートの調査結果」,志學館大学教職センター紀要第6号,  2021年

「高等学校の英語の教科書のデジタル化-制度化直後の供給状況-」,志學館大学教職センター紀要第5号, 2020年

「電子黒板とタブレットPCを利用した英語の授業の実践」,志學館大学教職センター紀要第4号, 2019年

 

“The amount and level of vocabulary in English textbooks for year 4–6 students in Sweden”, 志學館大学人間関係学部研究紀要第39巻,2018年
「高校用英語のデジタル教科書の販売状況と装備機能」志學館大学教職センター紀要第2号,2017年
“Availability and use of digital textbooks for English in Japan”, The Future of Education Conference Proceedings, 2016年
「タブレットを利用した協同的なリスニング活動」志學館大学人間関係学部研究紀要第37巻,2016年
“The amount and level of vocabulary in English textbooks for year 7–9 students in Sweden”,志學館大学人間関係学部研究紀要第36巻,2015年
「指導者用デジタル教科書の機能の比較―中学校の英語について」志學館大学人間関係学部研究紀要第35巻,2014年
「ESL 環境の強み―スウェーデンにおける英語の習得―」志學館大学人間関係学部研究紀要第34巻第1号,2013年
「協調的学習環境の中で自己効力感を高める授業」JACET 第2次授業研究特別委員会(編)『高等教育における英語授業の研究~学習者の自立性を高めるリメディアル教育』,2012年
「ICT を利用した語学学習~協調的学習とモバイル学習を中心に」KSES NEWSLETTER 第16号,2010年
「ケータイを利用した協調的学習に対する学習者の評価」志學館大学人間関係学部研究紀要第31巻第1号,2010年

研究業績 (その他)  
特記事項 コロナウィルスの流行により,パソコンでデジタル教科書を使いながらオンライン授業を受けることが一般的になりました。英語を使う場面や方法も変わりつつあります。では,どのように英語を学ぶべきなのでしょうか? 皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

このページを共有: