大学案内

建学の精神・基本理念

時代に即応した堅実にして有為な人間の育成

建学の精神と大学の基本理念

志學館学園は、1907(明治40)年に開設した鹿児島手芸伝習所を母体とし、1949(昭和24)年に公布された私立学校法に基づいて設置した学校法人実践学園を前身とする。その百年に及ぶ学園の歴史の中で堅持しつづけた建学の精神は、「時代に即応した堅実にして有為な人間の育成」である。志學館大学は、その建学の精神を承け、「豊かな教養に裏付けられた実践力と学ぶことへの高い志を持つ人間の育成」を基本理念とする。

本学の使命

広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、もって文化の創造と社会の充実発展に寄与するため、人間と社会に対する深い関心と識見を持ち、専門的知識・技能を身につけ、社会に貢献する幅広い職業人を育成する。

本学の教育目的

  1. 個性の伸長をはかり、自主的・創造的な人間を育成する。
  2. 豊かな教養とコミュニケーション能力を身につけ、常に課題意識を持ち、学ぶことの喜びを知る人間の育成に努める。
  3. 実践・臨床に重きを置いた教育を行い、また、将来を見据えたキャリア教育を組織的段階的に行う。
  4. 国際理解の教育を推進し、国際人として活躍する素地を培う。
  5. 社会に開かれた大学として、地域社会の発展と生涯学習の促進に力を注ぎ、社会人の学習意欲に応える。
このページを共有: