地域協働センター

ボランティア活動支援制度について

 ボランティア活動支援制度とは、本学の学生が実施するボランティア活動に対し、主に資金面での活動支援を行う制度です。支援額は、一件の活動について一万円程度です。
 公募期間内に申請された活動について、地域協働センターでヒアリングを通して活動の意義、支援金の使途の妥当性などを審査し、採択された活動に対して支援を行います。

申請条件

 申請年度内に完結する活動であって、通算活動時間が5時間以上の活動を計画しており、下記の①もしくは②の条件を満たしていること。

① 本学の学生3名以上が発起人となって企画するボランティア活動であること。

② 本学の学生が個人として参加するボランティア活動であること(ただし地域協働センターが紹介するボランティア活動に限る)。

支援を受けるにあたっての留意点

① 活動支援金の支給決定を受けたグループもしくは個人は、当初の計画に沿ったボランティア活動を確実に実施し、実施報告書を地域協働センターに提出しなければならない。

② 計画の大幅な変更を要する場合は、地域協働センターに相談しなければならない。

③ 上記①、②を万一満たさなかった場合は、活動支援金は支給しない。

④ 活動支援金の支給は、地域協働センターで活動報告を審査し、承認された場合支給することとする。

このページを共有: