学長挨拶

平成20年4月から、志學館大学と鹿児島女子短期大学の学長を兼任することとなりました。それ以来、今までの両大学にはない何か新しい試みを、両大学の教職員の力を結集し連携をはかりながら実施できないものか、と模索してまいりました。

志學館大学及び大学院には、認定心理士(大学卒業レベル)や臨床心理士(大学院修了後)の養成の実績を持つ専門の教員がおり、鹿児島女子短期大学には介護福祉士養成の実績を持つ生活科学科生活福祉専攻があります。両大学では、それぞれが認定心理士、臨床心理士、介護福祉士の養成に大きな成果を挙げ、地域に貢献してまいりました。

高齢化が進み、介護を必要とする方々がますます増えるわが国では、介護福祉士という専門職の必要性と重要性は今後もますます高まるでしょう。そのような存在となる介護福祉士の専門性を、さらにブラッシュアップして、心理的支援のスキルを身につけることができたら、最近、高齢者介護の現場で増えつつある認知症や精神疾患に由来する介護困難にも対応できるのではないかと考えました。

そこで両大学が共同して、文部科学省が平成19年度から、大学、短大、高等専門学校における教育研究資源を活かした教育プログラムを開発、実施を行う優れた事業に対して補助金を支出する「社会人学び直しニーズ対応教育推進プログラム」に応募していましたところ、見事採択され、文部科学省から「介護福祉士の専門性を高めるための心理的支援の実践力養成プログラム」が優れた事業であるとして実施するよう委託されました。

このプログラムは、志學館大学と鹿児島女子短期大学の教職員が、計画段階から協働して議論を進め、事業の内容を煮詰め、そして講義や実習を実施する、いわば両大学の連携事業の初めての試みであります。プログラムの全講座を受講し、各講座担当者の評価を得た受講生には、志學館大学・鹿児島女子短期大学の連名による「プログラム修了書」(履修証明書)が授与されますので、このプログラムを通じて介護福祉士の方々の専門性をさらに高めることができますならば、これほど幸甚なことはありません。

志學館大学・鹿児島女子短期大学
学長 辰村 吉康

主催

学校法人 志學館学園 志學館大学

http://www.jkajyo.ac.jp/

後援 / 協力

  • 鹿児島県
  • 鹿児島県社会福祉協議会
  • 鹿児島県老人福祉施設協議会
  • 鹿児島県介護福祉士会
  • 鹿児島県老人保健施設協会
  • 鹿児島県臨床心理士会

Adobe Reader

本サイトでPDF形式のファイルをご覧になるには Adobe Reader (無料) が必要です。上記バナーをクリックして Adobe Reader をダウンロードしてください。