インフォメーション

弁護士との学習会を開催

2018年12月18日 お知らせ

 本学開講科目「消費者法」において、有元大弁護士(鹿児島弁護士会)をお招きし、不当広告・チラシに関する学習会を行いました。これは、鹿児島県消費者教育活動業務委託事業として、NPO法人消費者ネットワークかごしまが実施したものです。

 この学習会では、弁護士と学生が、実際に鹿児島県内で使用されているチラシや契約書を用いて、法的な問題点に関する意見交換を行いました。参加した学生達は、普段勉強している民法、消費者契約法や景品表示法を用いて、実務的視点から意見を述べることができており、有元弁護士からその発言に対して高く評価して頂く場面もありました。

 また、有元弁護士からは「国民を守るための法律の中にある条文の大切さ」について伝えられ、学生達は、法律を学ぶ重要性を再確認できていました。

20181218-1.png 20181218-2.png
 

(法学部 准教授 牧野高志)

 

このページを共有: