インフォメーション

弁護士講演会を開催しました

2018年12月11日 お知らせ

12月7日に、関西で活躍されている弁護士3名を本学にお招きし、弁護士講演会「知っトク!なっトク!法トーーーク!~法の正義と弁護士の世界~」を開催いたしました。学内外から多くの方にご参加いただき、会は大盛況となりました。

第1部では、弁護士3名にそれぞれ講演をして頂きました。

長野浩三弁護士(京都弁護士会)からは、ご自身が理事・事務局長を務める適格消費者団体NPO法人京都消費者ネットワークで担当した有名な差止請求事件についての解説がありました。学生達は講義等でよく耳にする事件であるので、大変関心をもって聴いていました。

山口茜弁護士(大阪弁護士会)からは、企業法務に求められる人材についてのお話をして頂きました。学生達は、「企業価値を守る」という重要な業務に感銘を受けており、将来その部門への就職を希望する学生にとって、有益な情報を得る機会となりました。

小川顕彰弁護士(京都弁護士会)からは、ご自身の日常業務を踏まえて、弁護士業務全般のお話をして頂きました。非常に幅広い業務に学生達は大きな関心を示していました。

 

第2部では、「大法律相談会」と題して、学生達から寄せられた法律相談をその場で弁護士に解決してもらうという企画を開催しました。また、その中には、弁護士に対する様々な質問もあり、弁護士の学生時代のことや、弁護士ドラマとの相違点など、会は笑いに包まれたものとなりました。

 

この講演会を通して、学生達は、法学部で学ぶ法律が、実社会の中でどのように活かされ、国民の生活に役立っているのかを学ぶことができ、将来の選択の幅を広げることができていました。

 

1207-1.png 1207-2.png
▲長野浩三弁護士               ▲山口茜弁護士

1207-3.png
▲小川顕彰弁護士

1207-4.png 1207-6.png
▲司会を務める学生              ▲大法律相談会の様子

1207-7.png
▲懇親会の様子

(法学部 准教授 牧野高志)

このページを共有: