インフォメーション

鹿児島地方裁判所主催『憲法週間における裁判所見学会』に参加

2013年05月29日 お知らせ

5月27日(月)、鹿児島地方裁判所が主催する裁判所見学会に、牧野ゼミ所属の法学部3年生12名が参加しました。

この見学会では、ある事件のDVDを視聴し、その事件について参加者のうち抽選で選ばれた8名の裁判員(うち本学生3名)が模擬評議をおこなうという企画がありました。その模擬評議は、実際の裁判官、裁判官役の弁護士と検察官といった実務家3名が評議に加わり量刑を決定するもので、本番さながらの雰囲気で行われました。

模擬評議後、法廷見学として法服を身にまとい裁判官席に座って記念撮影する等、大変貴重な体験をすることできました。

以下、評議員として参加した学生の感想を紹介します。

田原久瑠美さん(法学部法律学科3年)
模擬評議では、犯行のプラス面・マイナス面を挙げて、それについて自分がどのように思い、どんな罰を与えるべきかなどを実務家の先生方と意見交換するという大変貴重な体験をすることができました。また、見学会終了後には、裁判所事務官の方々からも大変参考になるお話を聴くことができ、今後の勉強の糧になりました。
瀬野雅貴さん(法学部法律学科3年)
今回初めて裁判所訪問というだけでなく、裁判員役として評議にも参加するという貴重な体験ができて良かったです。この体験と通して、裁判員制度に興味を持つことができ、さらに刑罰を色々なことを考慮して決めていくことを知ることができました。いつか実際の裁判員裁判を傍聴してみたいと思います。

このページを共有: