インフォメーション

【再掲】小村岳児さん(法学部3年)がHSK5級に合格しました

2014年02月14日 お知らせ

小村岳児さん(法学部法律学科3年)が、12月1日に実施されたHSK(中国政府認定中国語資格試験)5級に合格しました。HSK5級は、中国語の新聞や雑誌を読み、映画を観賞することができ、さらに、スピーチを行うことが求められ、日常中国語の応用能力を判定するテストです。
小村さんは平成24年9月から台湾の文藻外語学院に1年間留学を経験し、帰国後も熱心に中国語の勉強に取り組み見事合格しました。

H26komura.JPGのサムネール画像
小村岳児さん(法学部法律学科3年)
※HSKとは?
漢語水平考試(HSK「Hanyu Shuiping Kaoshi」)は、初級レベルの1級から上級レベルの6級まで、細かく6段階に級分けされており、中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)の公認する中国語の語学検定試験です。中国政府認定の中国語検定であるため、中国や日本国内、そして世界中で、中国語能力の公的な証明として通用する資格です。中国国内では58都市166か所、中国国外では322カ所、88の国と地域で実施され、数ある中国語検定の中でも、世界で最も認知されています。HSKの成績証明は中国留学の際の基準や就職・転職の際にも活用されています。

このページを共有: