インフォメーション

生涯学習センター(社会連携センター生涯学習部門)報告③

2018年10月10日 インフォメーション

志學館大学・かごしま県民大学連携講座「図書館をきわめる~これであなたもLibrarian~」

◆6月16日(土) 「未来」に繋がる図書館~複合施設としての図書館
 講師:岩下雅子(志學館大学人間関係学部特任講師)
岩下先生①.JPG  岩下先生②.JPG 
少子化、高齢化、過疎といったマイナス要因を地方創世の起爆剤にしている町村があります。島根県海士町の逆転の発想「ないものはない」や長野県小布施町の「まちとしょてらそ」、沖縄県の複合施設の図書館など、図書館の施設・運営は多様化しています。最後に鑑賞したヘルシンキのNew Libraryの動画に世界はここまで進んでいるのか!と、大きな衝撃を受けました。



◆6月30日(土) 「PTAと学校図書館~地域開放、本と室内楽の楽しみ~」
 講師:中村美千代(鹿児島県立加治木高校PTA母の会 元会長)
中村先生①.jpg  中村先生②.jpg
図書館でブックトークと室内楽を楽しむ♪まるで図書館がサロンですね。 学校とPTAと地域の三者が見事に連携すると、こんなことも可能になる。 学校図書館の可能性を感じる図書館行事について、豊富なスライドとビデオで紹介して頂きました。



◆7月7日(土) 「子どもの心に本を届ける~椋鳩十からアニマシオンまで~」
 講師:種村エイ子(鹿児島国際大学 元教授)
種村エイコ先生①.jpg  種村エイコ先生②.jpg 
「児童サービス」で定評のある種村エイ子先生の登場です。 先生独特の柔らかな口調で進む『やんちゃっももたろう』( 野村たかあき著 でくの房)を使ってのアニマシオンに、多くの絵本の紹介と受講生は皆、くぎづけ!もっともとお話を聞きたいという声が多く寄せられました。アニマシオンのことを知りたい方は、先生が最近出版された「ようこそ、読書のアニマシオンへ」(南方新社)が参考になりますよ!



◆7月21日(土) 「読むことは生きること~吉野源三郎「君たちはどう生きるか~」
 講師:種村完司(鹿児島県立短期大学 元学長)
種村先生①.jpg 
前回の種村エイコ先生に続いて種村完司先生のご登場です。話題作『きみたちはどう生きるか』(吉野源三郎著)をテーマに分かりやすく丁寧に解説して頂きました。先生のご専門の哲学者たちの名前もちりばめられながら、時には三択クイズも取り入れての講義でした。綿密な教材研究の上に成り立つ授業の構築(素晴らしさ)に感じ入りました。



お問い合せ先

志學館大学 生涯学習センター(総務課)
〒890-8504 鹿児島県鹿児島市紫原1丁目59-1
TEL. 099-812-8501(代表) / FAX. 099-257-0308(代表)
E-mail: life@shigakukan.ac.jp

このページを共有: