インフォメーション

志學館大学名誉教授の称号授与式が執り行われました

2019年05月15日 インフォメーション

5月10日(金)、新内康子氏・松田君彦氏・宮野直也氏の3名に志學館大学の名誉教授の称号が授与されました。

新内氏は、昭和54年4月着任以来、文学部及び人間関係学部において約40年勤務されました。この間、日本語教員養成副専攻課程、人間関係学部人間文化学科日本語日本文学コース教員として本学の教育研究に貢献され、平成23~26年度に学長補佐(入試広報担当)、平成27~28年度図書館長、平成29~30年度人間関係学部長として大学の発展に寄与されました。

松田氏は、平成24年4月本学人間関係学部に着任すると同時に心理臨床学研究科長を併任し、3期と1年という長きにわたり在任していただきました。氏は、研究科長として、公認心理師養成課程の開設や日本臨床心理士資格認定協会からの臨床心理士養成指定大学院指定継続など大学院心理臨床学研究科の発展に寄与されました。また、附属施設である心理相談センター及び発達支援センターの両センター長も併任し、教育環境の整備に顕著な功績を残されました。

宮野氏は、昭和63年4月着任以来、文学部及び人間関係学部において約30年勤務されました。この間、文学部国文学科、人間関係学部人間文化学科日本語日本文学コース教員として本学の教育研究に貢献され、平成25~26年度に人間関係学部人間文化学科主任として大学の発展に寄与されました。

P1020096.JPG P1020092.JPG

P1020094.JPG P1020101.JPG

このページを共有: