学園の沿革

明治

40年8月
鹿児島女子手芸伝習所開設
41年2月
鹿児島女子技芸学校設置

大正

14年6月
職業学校規程によって、鹿児島女子技芸学校認可
15年6月
鹿児島女子技芸学校の名称を鹿児島高等実践女学校と改称

昭和

5年4月
鹿児島女子実践商業学校開設(昭和23年3月31日廃止)
23年4月
学校教育法第1条に定める高等学校に昇格、鹿児島実践女子高等学校と改称し、家庭科・商業科を開設
財団法人実践学園設立
24年4月
鹿児島実践女子高等学校附属中学校開設(昭和27年3月31日廃止)
26年2月
財団法人の組織を変更し、私立学校法に定める学校法人実践学園設立
31年4月
鹿児島実践女子高等学校(全日制普通科)開設
35年4月
文部省指定鹿児島実践学園幼稚園教員養成所開設(昭和41年3月31日廃止)
38年4月
鹿児島実践女子高等学校附属かもめ幼稚園開設
40年4月
鹿児島女子短期大学(幼児教育科)開設
鹿児島実践女子高等学校附属かもめ幼稚園を鹿児島女子短期大学附属かもめ幼稚園と改称
41年4月
鹿児島女子短期大学(家政科)開設
42年4月
鹿児島女子短期大学(教養科)開設
43年4月
鹿児島女子短期大学幼児教育科を児童教育科に改称
鹿児島実践女子高等学校(食物科)開設
46年4月
鹿児島女子短期大学児童教育科を児童教育学科とし、その専攻を初等教育学専攻、幼児教育学専攻。家政科を家政学科とし、その専攻を家政学専攻、食物栄養学専攻。教養科を教養学科とし、それぞれ学科名、専攻名を改称
49年4月
鹿児島女子短期大学附属なでしこ幼稚園開設
50年4月
鹿児島女子短期大学家政学科の専攻を被服学専攻、家政学専攻、食物栄養学専攻に分離変更
54年4月
鹿児島女子大学(国文学科・英文学科・人間関係学科)開設
58年4月
鹿児島実践女子高等学校を鹿児島女子大学附属高等学校と改称
61年4月
鹿児島女子短期大学附属すみれ幼稚園開設
62年4月
志學館中等部開設
63年4月
鹿児島女子短期大学専攻科(児童教育専攻・家政専攻・食物栄養専攻・教養専攻)開設

平成

元年4月
鹿児島女子短期大学家政学科を生活科学科に改称
2年4月
志學館高等部開設
4年4月
鹿児島女子大学文学部英文学科を英語英文学科に改称
7年4月
鹿児島女子短期大学専攻科家政専攻を生活科学専攻に改称
11年4月
学校法人実践学園を学校法人志學館学園と改称
鹿児島女子大学を志學館大学と改称し、法学部法律学科を開設
鹿児島女子短期大学生活科学科に生活福祉専攻の開設
鹿児島女子大学附属高等学校を鹿児島学芸高等学校と改称、普通科・家政科・食物科・商業科を統合し総合学科を開設
15年4月
志學館大学文学部(国文学科・英語英文学科・人間関係学科)を人間関係学部(心理臨床学科、人間文化学科)に改称
17年4月
志學館大学大学院心理臨床学研究科(修士課程)設置
18年3月
鹿児島学芸高等学校廃止
19年4月
なでしこ保育園開設
19年11月
創立100周年記念式典挙行
20年4月
志學館大学法学部(法ビジネス学科)開設
21年4月
鹿児島女子短期大学 高麗町キャンパスへ移転(紫原キャンパスより)
23年4月
志學館大学 鹿児島市紫原へキャンパス移転

創設者・歴代理事長

郷土の先駆者 創設者 満田 ユイ

学園の母 後継者 志賀 フヂ

第二代理事長 (昭和37年〜44年) 志賀精一


第四代理事長 (平成4年〜12年) 志賀達一

第五代理事長 (平成12年〜26年) 志賀壽子

第六代理事長 (平成26年〜) 志賀啓一