" /> ">

研究者一覧

原之園 政治

氏名 原之園 政治
所属 人間関係学部
職名 特任准教授
生年 1952年
就任年月 2013年4月
学歴
(大学卒以降)
専修大学文学部人文学科史学コース卒業
学位 文学士
職歴
(研究歴)
1976年4月 県立鹿屋高等学校社会科教諭
1980年4月 県立錦江湾高等学校社会科教諭
1989年4月 県立沖永良部高等学校社会科教諭
1993年4月 県立鹿児島中央高等学校社会科教諭,地歴公民科教諭
1998年4月 県総合教育センター第一研修室研究主事
2001年4月 県教育委員会同和教育課主任指導主事
2002年4月 県教育委員会人権同和教育課主任指導主事(課名変更)
2005年4月 鹿児島市教育委員会生涯学習課長
2007年4月 かごしま県民大学中央センター所長兼生涯学習課長
2009年4月 県教育委員会社会教育課長
2011年4月 県立松陽高等学校長
2013年4月 志學館大学人間関係学部特任准教授
2014年4月 志學館大学教職センター長
授業科目 【学部科目】
社会科・地理歴史科教育法I・II,社会科・公民科教育法I・II,特別活動論,教職概論,教職実践演習(オムニバス),学問へのステップI・II

【大学院科目】
所属学会 社団法人日本教育学会
社会連携
活動
鹿児島県教育委員会教育委員,鹿児島県青少年問題協議会委員,鹿児島県青少年育成県民会議会長代理,鹿児島県青少年保護育成審議会会長,かごしま国体実行委員会参与,鹿児島市生涯学習プラザ運営委員長
専門分野 (1)世界史
(2)人権教育
(3)社会教育
研究
テーマ
(1)地歴・公民について,学生にわかりやすい指導法の研究
(2)教育実習について,円滑な実習となるような指導法の研究
(3)教職課程について,文科省・県教委とのスムーズな連携
(4)教職センターについて,設営・運営のあり方についての研究
研究業績 (著書)  
研究業績 (論文) 論文
実践報告「紫原小学校支援ボランティア報告」志學館大学教職センター研究紀要第3号,2018年3月
実践報告「若者への期待」鹿児島県青少年育成県民会議「せっぺとべ第134号」,2017年11月
実践報告「教職の意義及び教員の職務内容」志學館大学教職センター研究紀要創刊号,2016年3月
実践報告「特別活動の展開例~学級活動の学習指導案づくりを通して~」志學館大学教職センター紀要創刊号,2016年3月
実践報告「紫原中インターンシップ報告」志學館大学教職センター紀要創刊号,2016年3月
実践報告「社会教育に携わって」鹿児島県社会教育研究会「明日への道」No.45,2015年2月
実践報告「教育生活の中で心に残った言葉」鹿児島県校長会館「師の道」平成25年度(第41号),2013年11月
研究紀要「生きる力をはぐぐむ社会科の学習指導の進め方に関する研究―教科を通して―」【第一研究室共同研究】県総合教育センター「研究紀要」通巻88号,2002年

指導資料
「生きる力をはぐぐむ社会科の学習指導―身近な地域の学習を通して―」県総合教育センター
「指導資料」通巻1308号,2001年
研究業績 (その他)  
特記事項 講義では、教職の意義や役割について学ぶとともに、学生自らが社会科、地理歴史科・公民科の授業を実際に行うことで、学習指導案の書き方、板書の仕方、教材研究や授業の進め方、生徒とのコミュニケーションのとり方、評価問題の作成などを具体的に学修し、体験するようにしている。また、いじめ問題や携帯電話の取り扱い等現代的な課題についても、グループ討議を通して理解を求めて解決案をさぐる。

 

このページを共有: