" /> ">

研究者一覧

酒瀬川 純行

氏名 酒瀬川 純行
所属 人間関係学部
職名 教授
生年 1951年
就任年月 1989年4月
学歴
(大学卒以降)
1974年3月 広島大学教育学部高等学校教員養成課程外国語科卒
学位 教育学士
職歴
(研究歴)

1974年4月 鹿児島県立与論高等学校教諭
1978年4月 鹿児島県立鹿児島南高等学校教諭
1983年4月 英国ケンブリッジ教育研究所等において英語の文化的背景並びにシェイクスピア作品研究(〜1984年3月)
1985年8月 鹿児島県総務部県民局広報課(現国際交流課)通訳,翻訳,外国要人接遇担当主査
1989年4月 鹿児島女子大学文学部講師
1991年4月 鹿児島女子大学文学部助教授
1999年4月 志學館大学文学部教授(大学名称変更)
2003年4月 志學館大学人間関係学部教授(学部名称変更)
2013年4月 志學館大学人間関係学部長(〜2017年3月)(2015年11月~2016年3月 学長代行)
2017年3月 定年退職
2017年4月 志學館大学人間関係学部教授(再雇用)

授業科目 【学部科目】
大学英語へのステップI,英国の文化I・II,英国の歴史I・II,カレント・イングリッシュ,ディベイティング・スキルズ,オーラルインタプリテーション,英語科研究法IV

【大学院科目】
所属学会 JALT(全国語学教育学会),広島大学英語教育学会
社会連携
活動
鹿児島日英協会(会長),公益財団法人鹿児島県国際交流協会(理事)
専門分野 (1)英国研究(歴史・文化・日英交流)
(2)時事・通訳・ディベート英語
研究
テーマ
(1)英国の歴史・文化,日英交流
(2)新聞・テレビ報道及び通訳英語
研究業績 (著書) 『エッセイと写真で綴る 緑と石とゆとりの国イギリス』現代図書,2008年
A Companion to Practical English. 青山社,2000年
研究業績 (論文) 'VICTORIAN ENGLISHMEN Who Contributed to the Cultural and Industrial Exchange between Japan and the UK through the Import and Export of Plants, Domestic Animals,and so forth.' 志學館大学人間関係学部研究紀要第34巻第1号,2013年
'William Curtis - A Victorian Englishman Who Introduced Western Vegetables and Ham into Japan' 志學館大学人間関係学部研究紀要第32巻第1号,2011年
'Two Victorian Englishmen Who Introduced Western Vegitables' 志學館大学人間関係学部研究紀要第30巻第1号,2009年
'The Life of John Joshua Jarmain' 志學館大学人間関係学部研究紀要第28巻第1号,2007年
'The Life of Issac Bunting' 志學館大学人間関係学部研究紀要第26巻第1号,2005年
'Allotments and the British' 志學館大学文学部研究紀要第24巻第1号,2002年
'The British People' 鹿児島女子大学研究紀要第20巻第2号,1999年
'Gardens and the British' 鹿児島女子大学研究紀要第19巻第2号,1998年
'Tea and the British' 鹿児島女子大学研究紀要第17巻第2号,1996年
 
研究業績 (その他) 翻 訳
『アイザック・バンティング』―進取の気性に富んだヴィクトリア朝養樹園主の物語―(プルー・ジェイムズ著)志學館大学人間関係学部研究紀要第38巻,2017年
特記事項

英語の基本構造・上達法・必要性・楽しさや、英国の諸制度(王室、国会、階級、宗教、教育、マスメディア等)・食文化・年中行事について解りやすく解説します。学生にはQ&A、プレゼンテーション、課題提出等を通して授業に積極的に参加していただきます。意欲のある学生には更に、時事・通訳・ディベート英語に関する演習にも取り組んでいただきます。授業以外に『英語道場』も開催しています。

 

このページを共有: