志學館ブログ

卒業式を終えて...

2013年03月21日 志學館ブログ

3月19日に平成24年度志學館大学・大学院の卒業式が行われ、私たち4年生は無事卒業の日を迎えました。

当日はまだ、みんなと離れ離れになってしまうという実感が持てずにいたのですが、昨日今日になって、急に4年間のいろんな出来事が思い出され、今更ながらさみしさに襲われています(/_;)

 

4年生は霧島キャンパスで2年、紫原キャンパスで2年過ごしたのですが、やはり今になって思い返されるのは霧島キャンパスの銀杏並木です。

ityuo.jpg 銀杏祭の名前の由来にもなった霧島キャンパスの銀杏並木。

紫原に移転後も秋になると、友人たちと「今頃キレイに紅葉してるだろうねー」とたびたび思い返していました。

 

 

 

 

renzan.jpg

そして、学校のバスを降りてすぐ、毎朝目にしていた霧島連山の雄大な姿も忘れられません。冬には雪をかぶった山々が本当に素敵でした。

ただ、新燃岳の火山活動が始まった日は、みんなでただただ驚きながらモクモクとした巨大な噴煙を見上げていたのを覚えています。

 

この自然豊かな場所で、かけがえのない仲間・先輩・先生方と出会い、そしてその人たちの力をかりながら、自分の新たな可能性にチャレンジするきっかけも得ました。

紫原キャンパスに移転後は、就職活動や受験勉強に多くの時間を費やさなければならなかったので、多くの4年生にとって霧島キャンパスは「自由で楽しい時を過ごせた場所」という印象が強いんじゃないかな。

 

移転後、新校舎に馴染むまで時間がかかりましたが、鹿児島市内というのもあって様々な面における活動の場が格段に広がりました。

 

大学の4年間は、巷で「人生の夏休み」と言われるくらい自由で楽しい時間も多かったのですが、「私、前よりなんだか打たれ強くなった!」と語る友人もいるくらい、就職活動や受験、そして卒業論文など、みんなたくさんの山を乗り越えてきました。

 

これから新しい場所で別々の道を歩み始めますが、この大学で得たものが試される時がきたのだと考え、苦難にも負けずに前へ進んでいけたらと思います。

 

最後に、一生の思い出に残る素晴らしい式を催してくださった先生方・在校生のみなさん、本当にありがとうございました!!(/_;)sweat01

 

 

このページを共有: