志學館ブログ

未来の「まち」考えてきました(^▽^)/

2020年02月26日 志學館ブログ

みなさんこんにちは

記者クラブのツバキです。

 

少し前のことになってしまうのですが…

1月11日に鹿児島市の中央公民館で行われた

 

『 鹿児島市制130周年記念 

都市マスタープラン策定に向けたシンポジウム

―かごしまの 未来のまちづくりを ともに描く― 』

 

に参加し、発表をさせていただいたので、

そちらについてお伝えしていきます。

 

まず、今回のシンポジウム発表に向けて

私は11月末から12月末にかけて3回の

学生ワークショップに参加しました。

まちづくり1small.jpg

私たちの班では

「誰もが快適で移動しやすい都市」を

実現するための提案を考えたのですが…

 

普段は通っている大学も

専攻している分野も違う大学生が集まって、

 

「10年後、そして20年後私たちの

暮らすまちがどうあって欲しいか?」

「そのためには何が必要か?」

 

とそれぞれの意見を持ち寄ることで、

今まで気づけなかった魅力や課題に

気づくことができました。

 

そんな持ち寄った意見を

とりまとめて、

ブラッシュアップを繰り返して…

まちづくり2small.jpg

12月下旬

グループ内でリーダーを務めていた私は

カタカタとスライドを作り…

 

年が明けて1月、当日はこんな感じで

発表させて頂きました。

まちづくり3small.jpg

 

まちづくり4small.jpg

発表はとても緊張しましたが

パネリストの方々から意見を伺うこともでき、

 

「もっとここを工夫しないといけないな~」

「こんな視点もあるのか…」

 

と改めて勉強になりました。

 

 

今振り返ると、大変なことも

実は多かったのですが(笑)

とても充実した期間だったなと思います。

 

 

以上、ツバキがお伝えしました。

このページを共有: