志學館ブログ

思ってたんとちがう

2017年12月14日 志學館ブログ

10月14日付け南日本新聞のミライページで記事が掲載された"学生に金プレを"です。見てない人は、図書館か入試広報課前の掲示板でCheak it‼

今回は、『権利擁護と成年後見制度』という科目の紹介です!
この科目は、精神保健福祉士の国家資格受験資格を取得するために必要な科目です。

授業では、「車椅子実習」を行いました。
「成年後見人と権利擁護のどこにも車椅子関係ないじゃん」と思うかもしれません。しかし、車椅子を利用する人に出会うことはこれから先あると思います。その時に、あなたが車椅子を利用する人の成年後見人になるかもしれません。その状況に置かれた時、車椅子を利用する人の身になって援助することができるようになるため、実習を行いました。

思ってたんとちがう1.JPG

まず、最初の難関は、車椅子の乗り降りです。ブレーキを怠ると、重大な事件に起こりかねません。
次の難関はスロープです。電動車いすでないと、坂が緩やかとは言え大変です。

思ってたんとちがう2.JPG

そして、個人的に辛かったのが、廊下です。一見、障害がないように思えますが、車椅子が通るとき、通行者にとって道を塞いでいたり、目線が辛かったりしたところが正直な感想です。

思ってたんとちがう3.JPG

車椅子実習を通して、他にもいろいろ考えさせられました。
車椅子でメイン体育館に行ったら坂が急すぎてリアルジェットコースターを味わったり、正門に向かう途中のアスファルトでつまずいたりしました。

思ってたんとちがう4.JPG

久しぶりにマジで書きました。

学生記者クラブ:学生に金プレを

このページを共有: