志學館ブログ

大人の社会科見学『家裁の人ってどんな人?』に参加しました!!

2017年11月22日 志學館ブログ

10月1日は「法の日」です。
法の役割や重要性について考えるきっかけになるようにと定められ、1週間を「法の日」週間として、毎年全国各地で各種の行事が実施されます。

11月6日と11月9日は鹿児島家庭裁判所で、平成29年度「法の日」週間記念行事~大人の社会科見学~『家裁の人ってどんな人?』が開催されました。
家庭裁判所の最前線で活躍している職員が、家庭裁判所の仕事や役割を紹介してくれます。

志學館大学の法学部法律学科で学ぶ私たち3人も参加してきました!

11裁判所2.bmp

◆初めて裁判所に行きましたが、初めて知ることばかりでした。はじめは、裁判所に対して堅いイメージしかなかったのですが、また裁判を傍聴しに裁判所に行きたいと思うようになりました。
PN:なおなお

◆裁判所はテレビドラマなどでよく観てどんな感じかイメージできていましたが、詳しい仕事内容までは知りませんでした。今回の訪問をきっかけに、その職業に関わっている方々から直接話が聴けて、様々な仕事内容を知ることができました。また、裁判官が着る「法服」も着れたので、大変貴重な体験となりました。
PN:さや

◆「裁判所=法廷」のある場所というイメージが強かったのですが、調停室や子供のための待合室など裁判所へ来る人への配慮がされていることを知ることができよかったです。
ますます裁判所で働く夢が膨らみました!!
PN:ねむりちゃん

裁判所訪問3.png

普段、あまり知ることのできない、家庭裁判所の仕事の様子を知ることができます。
法服を着て、裁判官席に座って記念撮影をすることもできますよ☆
機会があれば、ぜひ皆さんも参加してみてください。
(法学部法律学科1年 なおなお、さや、ねむりちゃん)

このページを共有: