志學館ブログ

「行って見る」文学・図書館学研修!!

2019年12月17日 志學館ブログ

みなさんこんにちは。

記者クラブのツバキです。

今回は、11月末に1泊2日で行われた、文学・図書館学研修について

みなさんにお伝えしたいと思います!

 

今回2日間で訪れた場所は

「小城市歴史資料館」

「武雄市図書館・武雄市こども図書館」

「伊万里市民図書館」

「九州大学附属中央図書館」

「九州国立博物館」

の5カ所!

 

今回は、中でも印象に残っている「伊万里市民図書館」についてリポートしていきたいと思います。

伊万里市民図書館.jpg

 

「伊万里市民図書館」は…

伊万里焼で有名な佐賀県伊万里市にある図書館です。

こちらは設計段階から“市民”との話し合いを重ねて完成した図書館になります。

図書館学の授業で紹介され、素敵だなと思っていた場所でしたが、

行ってみたらもう言葉にならないくらい感動しました。

 

まずはこちら!!

分類.jpg

館内のいたるところに“伊万里焼”のインテリアが用いられており

とても暖かみのある雰囲気。

 

館内至るところが素敵で全てに感動していたのですが、

なかでも学生一同、声を上げて驚いたのが、

とってもかわいくてわくわくする「のぼりがまのおへや」です。

 

お話会に使われているこちらのお部屋は

窯の側面に作られた入り口を通って

扉.JPG

中に入ると

部屋の内装.jpg

この秘密基地的な雰囲気!最高じゃないですか??

これだけじゃないんです!!部屋の照明を細かく調整できて~

星空.jpg

こんな感じで綺麗な星空も見れちゃうんです!!

もう大人でも楽しくなっちゃう…

 

こんな素敵な図書館。まさに“市民”が作った市民図書館なのだなと強く感じました。

 

他にもお伝えしたいことがたくさんあるのですが、

私のお気に入りの一枚「武雄市図書館」の本の壁を紹介しますね(^▽^)/

本の壁.jpg

今回、今まで写真でしか見たことのなかった施設に訪問することができ、

「行って見る」ことの大切さを強く感じました。

 

このような機会を設けて下さった岩下先生、日高先生本当にありがとうございました。

集合写真.jpg

 

以上、ツバキがお伝えしました。

このページを共有: