志學館大学

アドミッション・ポリシー

志學館大学のアドミッション・ポリシー

本学は人間関係学部と法学部の2学部から成り、「豊かな教養に裏付けられた実践力と学ぶことへの高い志を持つ人間の育成」を基本理念としています。

本学が求める学生は、人間の心や文化、社会のしくみや秩序に対する関心があり、自分をさらに伸ばしたいという意欲を持ち、本学で身につけた力を活かして社会に貢献したいと望む人です。

人間関係学部

心理臨床学科

本学科では、心理学のさまざまな分野の基礎知識及び実践的な心理臨床的援助の基礎を学ぶことを通じて、生物的及び社会的存在としての人間を理解し、学んだ知識・技能を活かして、将来、医療・福祉・教育・産業等の現場で使命感を持って働ける人材の育成を目指しています。

本学科が求める学生は、人間のこころや行動に対する探求心があり、同時に現実の社会問題に関心を持つことができ、さらに学んだ知識・技能を将来さまざまな現場で活かしていくことを目指す人です。

本学科の入学にあたっては、入学選抜の種類に関わらず、次に記す内容を高等学校等において特に学んでおくことが求められます。

(1)高等学校等の「国語」の教科領域科目を学び、聴くこと・話すこと・読むこと・書くことの能力を養い、自分の考えを的確に表現できる文章力や、コミュニケーション能力を身につけていること。

(2)高等学校程度等の「英語」の基礎的な能力を身につけていること。

(3)「数学 I」レベルの数学の基礎的な知識を習得し、活用できること。

人間文化学科

本学科では、自国や他国の言語や文化についての高度な教養と、グローバルな社会にも対応できる豊かなコミュニケーション能力をもって地域社会や国際社会で幅広く活躍できる人材を育成することを目指しています。

本学科が求める学生は、幅広い教養を身につけたい人であって、特に、

・自国や他国の社会・文化、言語・歴史・地理を学びたい人

・日本語や外国語によるコミュニケーション能力を伸ばして、将来国際的に活躍したい人

・自らの住む地域に関心を持ち、それらについて多面的な観点から考える力をつけたい人

です。

本学科で学ぶには、以下のことが必要です。

・高等学校等の「国語」の教科領域科目を学び、聴くこと・話すこと・読むこと・書くことの能力を養い、自分の考えを的確に表現できる文章力や、コミュニケーション能力を身につけていること。また、さまざまな時代やジャンルの文章を読み、理解する姿勢を身につけていること。

・高等学校等の「英語」の教科領域科目を学び、英語を通して、言語や文化に対する理解を深め、積極的に外国語でコミュニケーションを図ろうとする態度を身につけていること。

また、以下のことを要望します。

・高等学校等の「地理歴史」および「公民」の教科領域科目を学び、基礎的な知識を習得し、自国・他国および自らの住む地域等の地理・歴史に興味関心を持って学ぼうとする姿勢を身につけていること。

法学部

法律学科

法学部法律学科は、リーガルマインド(法的思考力)を身につけて社会のさまざまな分野でスペシャリスト(法実務の専門家)として活躍することのできる人材の育成を目指しています。

本学科が求める学生は、現代社会について知的関心を持ち、深く考察してみたい人であって、次のような人です。

(1)法曹(裁判官・検察官・弁護士)やその他の法律専門職(行政書士等)あるいは公務員を目指す意欲を持っている人

(2)リーガルマインドを身につけて社会において貢献し、活躍するために法学を学ぼうとする意欲を持っている人

(3)法学を学ぶために必要な日本語の文章読解力や文章表現力など、高等学校卒業相当の基礎的な学力を有する人

法ビジネス学科

法学部法ビジネス学科は、企業法務の知識とコンプライアンス(法令順守)の意識を身につけたゼネラリスト(広い視野を持った職業人)として企業・組織や地域社会で活躍することのできる人材の育成を目指しています。

本学科が求める学生は、現代社会について知的関心を持ち、深く考察してみたい人であって、次のような人です。

(1)企業・組織や地域社会において活躍する経営者・高度専門職(社会保険労務士等)あるいは公務員を目指す意欲を持っている人

(2)コンプライアンスの意識を身につけた志ある職業人として活躍するために企業法務と経営を学ぼうとする意欲を持っている人

(3)企業法務と経営を学ぶために必要な日本語の文章読解力や文章表現力など、高等学校卒業相当の基礎的な学力を有する人

このページを共有: