大学案内

目的・ポリシー

人間関係学部の目的

人間関係学部は、激しく変化していく現代社会の要請にこたえ、人間について心の側面と文化・社会の側面から実践的・臨床的に教授研究することを目的としています。

そのために、本学部は心理臨床学科と人間文化学科を設置して、それぞれの分野の専門的知識・技能を教授し、社会のさまざまな分野で活躍できる人間を育成します。

【心理臨床学科の目的・方針】

心理臨床学科は、心理学及び健康科学のさまざまな分野における基礎的・専門的知識と実践的な心理臨床的援助の基礎を教授研究することで、生物的・心理的・社会的存在としての人間についての理解を深め、さらに自ら学んだ知識・技能を活かして、将来、医療・福祉・教育・産業等の現場で使命感をもって働くことのできる人材を育成します。

心理臨床学科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

心理学及び健康科学領域に関する知見を有し、とりわけ汎用性のある臨床心理学的素養をもって社会のさまざまな分野において貢献できる人材として、所定の単位を修得し下記の知識・技能・態度を獲得した者に学位を授与します。

  1. 心理学及び健康科学領域においてこれまで積み上げられてきた心と身体及び行動に関する専門的知見について理解している。
  2. 医療、福祉、教育などの臨床領域や日常的な社会生活において心理学的及び臨床心理学的知見がいかに関わっているかを理解している。
  3. 心理臨床の目的である対人援助に必要な倫理観、人間観、及びそれに基づく臨床的技能の基礎を身につけている。
  4. 心と行動について科学的に探究するための研究技法を身につけ、成果を論文にまとめることができる。
  5. 心や行動に関する一般的な言説に対して、科学的な視点から批判的に考察する態度を身につけている。
心理臨床学科の教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

心理臨床学科の学位授与方針で求める知識・技能・態度を獲得するための教育課程は、以下の方針で編成します。

  1. 1年次には専門的な知識・技能の修得に先立って、臨床現場で対象となる人間の多様性について学ぶ必修科目である「臨床人間学」のほか、心理学・健康科学及びそれらの周辺領域の入門的科目を配置します。
  2. 2年次以降には、心理学・健康科学の専門的知識や、心理学の知見が応用される諸臨床領域について本格的に学ぶ科目を配置します。2年次後期からは「学科基礎科目」のうちで、心理学の研究技法を学ぶ講義・演習・実験科目及び心理臨床技能の基礎を学ぶ演習・実習科目をスタートさせます。
  3. 3年次に学生は各自の志望にもとづき、「心理臨床実践コース」「社会産業心理コース」「学校教育心理コース」「精神保健福祉コース」のいずれかに所属します。各コースには受入学生数を設定しており、学生の志望数がそれを上回った場合は2年次までの成績等を考慮して所属を決定します。「心理臨床実践コース」「社会産業心理コース」「学校教育心理コース」には、専門の内容に特化した実習科目を配置します。また、「精神保健福祉コース」には精神保健福祉士受験資格取得に関わる科目を配置します。
  4. 3年次後期から4年次にかけて、「特殊研究」(ゼミ)において各教員が研究技法の指導をおこない、修得した専門的知識と技能を最終成果としての「卒業論文」(必修)へと結実させます。

人間文化学科の目的・方針

人間文化学科は、日本語日本文学、英語英米文化、歴史・地理の3分野において基礎的・専門的知識及び技能を教授研究することで、自国や他国の言語や文化についての高度な教養と、グローバルな社会にも対応できる豊かなコミュニケーション能力をもって地域社会や国際社会で幅広く活躍できる人材を育成します。

人間文化学科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

幅広い教養と日本語あるいは英語を中心とする言語や文化についての専門的知識、または歴史・地理についての専門的知識を修得し、豊かなコミュニケーション能力を身につけることで、地域社会や国際社会で活躍できる人材となるべく、所定の単位を修得し、下記の知識・技能・態度を獲得した者に学位を授与します。

  1. 人間・文化・社会を理解するための基礎的な教養を身につけている。
  2. 日本語日本文学・英語英米文化・歴史地理のいずれかの専門分野に関する知識・技能・態度を身につけている。
  3. 自己の専門分野以外にも広く人文的な知識を身につけている。
  4. 読む、書く、聞く、話す、見て回るなどの演習や実習を通して獲得された豊かなコミュニケーション能力を身につけている。
[日本語日本文学コース]

日本語学・日本文学・日本語教育の分野において専門的な知識と高度な日本語運用能力を身につけ、日本文化を広く世界に発信できる人材として、所定の単位を修得し、下記の知識・技能・態度を獲得した者に学位を授与します。

  1. 日本語に関する基本的な知識と能力を獲得し、優れた日本語の使い手であろうとする態度を身につけている。
  2. 日本文学に関する基本的な知識と能力を獲得し、豊かな感性と知性を以て生涯にわたって文学に親しもうとする態度を身につけている。
  3. 日本文化を広く世界に発信することができるコミュニケーション能力を身につけている。
[英語英米文化コース]

英語を中心とする言語や文化などの分野において専門的知識と高度な英語運用能力を身につけ、国際社会に参加、貢献しうる人材として、所定の単位を修得し、下記の知識・技能・態度を獲得した者に学位を授与します。

  1. 英米の言語・文化・文学・歴史に関する深い理解と専門的知識を身につけている。
  2. グローバルな社会でコミュニケーションを成立させるための高度な英語運用能力を身につけている。
  3. バランスのとれた国際感覚を持ち、積極的に国際社会に参加、貢献しようとする態度を身につけている。
[歴史地理コース]

日本と外国の地理、歴史、自然、社会、文化に対する幅広い知識と専門的知見を持ち、積極的に社会に関わって、異なる文化的背景を持つ人とも共存する姿勢を持つ人材として、所定の単位を修得し、下記の知識・技能・態度を獲得した者に学位を授与します。

  1. 日本と外国の歴史と地理について概略的な知識を獲得しており、自然・社会・政治・文化・考古・民俗・思想・地域の観点から問題を専門的に探求する姿勢を身につけている。
  2. 文献・資料を自ら探し出して活用する力を身につけている。または、野外での計測や聞き取り調査を行い、その結果を整理する基本的な能力を身につけている。
  3. 授業や演習で培った知識と技能を活かして、地域社会に積極的に参加・貢献するとともに、異なる文化的背景を持つ人々とも共存していく姿勢を身につけている。
人間文化学科の教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

人間文化学科の学位授与方針で求める知識・技能・態度を獲得するための教育課程は、以下の方針で編成します。

  1. 1年次には、日本語日本文学、英語英米文化、歴史地理の各専門分野について基礎的な概説を学ばせるために、必修の入門科目を配置します。
  2. 2年次からは、学生は各自の志望にもとづき、「日本語日本文学コース」「英語英米文化コース」「歴史地理コース」のいずれかに所属し、それぞれのコースの教育課程にもとづいて学修します。
  3. 人間・文化・社会についての総合的な理解を得させるために、他コースの科目の一部を選択必修の「コース関連科目」に指定します。また、哲学、社会学、社会教育、法学等の科目からなる「学科関連科目」を配置します。
[日本語日本文学コース]

本コースの教育課程は、以下の方針で編成します。

  1. 1年次には、専門的知識・技能の修得に不可欠な基礎をつくるために、言語・文化・文学・歴史に関する概論的科目を配置します。
  2. 2年次からは、日本語学・日本文学・日本語教育の領域において自ら関心を持つ分野に関する専門的知識・技能を修得させるために、講読・演習・実習等の専門性の高い科目を配置します。
  3. 4年次では、「卒業研究」(演習)において各教員が研究技法の指導をおこない、修得した幅広い教養と専門的知識・技能を最終成果としての卒業論文(必修)へと結実させます。
[英語英米文化コース]

本コースの教育課程は、以下の方針で編成します。

  1. 1年次には、専門的知識・技能の修得に不可欠な基礎をつくるために、英語のスキルを高める科目や言語・文化・文学・歴史に関する概論的科目を配置します。
  2. 2年次からは、英語の運用能力を高めるための英語の実践的な科目を配置するとともに、自ら関心を持つ分野における専門的知識・技能を修得させるために、文献の講読や演習などの専門性の高い科目を配置します。
  3. 4年次では、「卒業研究」(演習)において各教員が研究技法の指導をおこない、修得した幅広い教養と専門的知識・技能を最終成果としての卒業論文(必修)へと結実させます。
[歴史地理コース]

本コースの教育課程は、以下の方針で編成します。

  1. 2年次から、専門的知識・技能の修得に不可欠な基礎をつくるために、地理学、歴史学、考古学、民俗学の概論的科目、および言語・文学・文化などの概論的科目を配置します。
  2. 3年次からは、より専門性の高い科目を通じて、歴史学・地理学の領域で自ら関心を持つ分野に関する専門的知識を付与します。また、演習と実習を通じて、特定の課題について、自ら文献を探し、あるいはフィールドワークなどの調査を行い、その結果を整理、分析する訓練を行います。
  3. 4年次では、「卒業研究」(演習)において各教員が研究技法の指導をおこない、修得した幅広い教養と専門的知識・技能を最終成果としての卒業論文(必修)へと結実させます。

法学部の目的

法学部は、法の役割が飛躍的に増大している現代社会の要請にこたえて、法学及び政治学・経営学等の関連分野を教授研究することを目的としています。

そのために、本学部は法律学科と法ビジネス学科を設置して、それぞれの分野の専門的知識・技能を教授し、社会のさまざまな分野で活躍できる人間を育成します。

法律学科の目的・方針

法律学科は、法律学のさまざまな分野の基礎的・専門的知識を教授研究することで、リーガルマインド(法的思考力)を身につけて、法の専門職業人、公務員、あるいは企業の社員として活躍する人材を育成します。

法律学科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

法律に関する専門的素養及びリーガルマインドを身につけ、社会のさまざまな分野において活躍できる人材となるべく、所定の単位を修得し、下記の知識・技能・態度を獲得した者に学位を授与します。

  1. 憲法・民法・刑法等の法学の分野で築き上げられてきた専門的知見について理解している。
  2. 法が政治・経済・社会といかに関わっているかを理解している。
  3. 法令および判例を調査・研究するための実践的能力を身につけている。
  4. 社会の多様な人々と円滑なコミュニケーションを図る意欲と能力を身につけている。
  5. さまざまな社会現象について、法的視点から、必要な情報を収集・分析し、多角的に考察する態度を身につけている。
法律学科の教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

法律学科の学位授与方針で求める知識・技能・態度を獲得するための教育課程は、以下の3点を基本方針として編成します。

(1)法学学修の基盤となる基本的知識の確実な修得
(2)法律に関する専門的知識の段階的かつ体系的な修得
(3)学生の興味・関心や将来の進路に対応できるような多様な専門教育科目の配置

科目の配置と履修の方針は、次のとおりです。

  1. 専門教育科目として、次の科目群を配置します。
     専門基礎科目 高年次における専門的学修の基盤を構築するための科目群
     演習科目 論理的思考力・実践力を養成するための科目群
     法律系科目 法律に関する専門的知識を拡充・発展させるための科目群
     政治・経済系科目 政治・経済およびこれらと法の関わりを理解させるための科目群
  2. 法学の「入門科目」を1年次に必修として配置するとともに、法学の基幹科目については1年次から履修することができるようにします。
  3. 「演習科目」は、2年次から4年次までの各学年に配置し、これにより、社会事象等の論理的分析と考察、プレゼンテーションやディスカッションなどを通して、リーガルマインドとコミュニケーション能力を涵養します。2・3年次の演習科目は必修とするとともに、3年次の演習科目の学修効果を高めるために、2年次に開講する講義科目の配置については、演習科目への接続性と順次性に配慮します。

法ビジネス学科の目的・方針

法ビジネス学科は、企業法務およびビジネスに関する基礎的・専門的知識を教授研究することで、コンプライアンス感覚をもって、企業や地域で活躍する人材を育成します。

法ビジネス学科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

企業法務・経営に関する専門的素養およびコンプライアンス感覚を身につけ、社会のさまざまな分野、特に企業において活躍できる人材となるべく、所定の単位を修得することにより、下記の知識・技能・態度を獲得した者に学位を授与します。

  1. 民法・商法等の法学の基礎的知識を身につけ、企業法務および経営に関する専門的知見について理解している。
  2. 企業活動が法や社会・人間発達といかに関わっているかを理解している。
  3. 法令および判例を調査・研究し、もしくは経営資料を作成・分析するための実践的能力を身につけている。
  4. 社会の多様な人々と円滑なコミュニケーションを図る意欲と能力を身につけている。
  5. 企業活動やビジネスをはじめとするさまざまな社会事象について、コンプライアンスの視点から、必要な情報を収集・分析し、多角的に考察する態度を身につけている。
法ビジネス学科の教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

法ビジネス学科の学位授与方針で求める知識・技能・態度を獲得するための教育課程は、以下の3点を基本方針として編成します。

(1)法学学修の基盤となる基本的知識の確実な修得
(2)企業法務および経営に関する専門的知識の段階的かつ体系的な修得
(3)学生の興味・関心や将来の進路に対応できるような多様な専門教育科目の配置

科目の配置と履修の方針は、次のとおりです。

  1. 専門教育科目として、次の科目群を配置します。
     専門基礎科目 高年次における専門的学修の基盤を構築するための科目群
     演習科目 論理的思考力・実践力を養成するための科目群
     法務系科目 企業法務に関する専門的知識を拡充・発展させコンプライアンス感覚を身につけさせるための科目群
     ビジネス系科目 経営に関する専門的知識を拡充・発展させ企業活動と法の関わりを理解させるための科目群
     現代社会とビジネス科目 社会・人間発達およびこれらと企業活動との関わりを理解させるための科目群
  2. 法学の「入門科目」を1年次に必修として配置するとともに、法学と経営学の基幹科目については1年次から履修することができるようにします。
  3. 「演習科目」は、2年次から4年次までの各学年に配置し、これにより、社会事象または企業・社会活動等の論理的分析と考察、プレゼンテーションやディスカッションなどを通して、コンプライアンス感覚とコミュニケーション能力を涵養します。2・3年次の演習科目は必修とするとともに、3年次の演習科目の学修効果を高めるために、2年次に開講する講義科目の配置については、演習科目への接続性と順次性に配慮します。

共通教育の達成目標

共通教育は、人間関係学部と法学部に共通する教養教育であり、(1)学生が自主的・能動的に学ぶことができるためのリテラシー教育、(2)専門的知識を深め活かすための土台となる、バランスのとれた広い知識と豊かな教養の教育、(3)自立した人間として生きていく上で重要な職業観を形成するキャリア教育、を行うことを目的としています。

学生が各学部所定の共通教育科目単位を修得することにより身につけるべき知識・技能・態度の目標は、次のとおりです。

  1. 日本語を正確に理解し、自己の意見をわかりやすく伝達することができる。
  2. 情報内容および情報技術を、安全かつ適切に活用するための基礎的知識・技能を身につけている。
  3. 文化・社会・人間・環境・情報についての基礎的知識および科学的思考法を身につけている。
  4. 多様な文化に対する理解と共感を持ち、最低1つの外国語を運用して、グローバルな社会に参加する姿勢を身につけている。
  5. 職業に関する基礎的知識を身につけ、職業観と進路イメージを明確に形成している。

共通教育の教育課程編成方針

共通教育の目標を達成するための教育課程編成と履修の方針は、次のとおりです。

  1. 「基礎科目」として、アカデミック・ライティングおよびプレゼンテーションの基本的技能、ならびにコンピュータ・リテラシーを身につけるため、必修科目を1年次に配置します。また、大学教育の出発点である基礎的教養力を確かなものにするための科目を設置します。
  2. 「教養科目」として、「思想の文化と諸相」「人間と社会の諸相」「生命と環境の諸相」「情報環境の諸相」の4領域で編成した科目群を設置します。学部ごとの履修方法に従って、領域間の均衡がとれた履修となるようにします。
  3. 「外国語科目」として、英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語の5言語において、基礎から展開までの科目群を設置します。1つ以上の言語で、1言語につき2科目以上を履修させます。
  4. 「キャリア形成科目」として、1年次から3年次までの各段階で解決すべき課題に対応した科目をそれぞれの年次に配置します。
  5. 「外国人留学生特別科目」として、外国人留学生が本学の教育にスムースに参加していけるようにするために、日本語と日本事情の科目を設置します。教養科目と外国語科目の単位に代えることができます。
このページを共有: